さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道!

2016年09月25日

採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜



先日、ケチャップ作り体験のために訪れた北広島市の「くるるの杜」。
新鮮なトマトから作るケチャップが、とても美味しかったので、本日は「ずんだ餅体験」
に挑戦する「とうちゃん」一家。

ずんだ餅とは、すりつぶした枝豆を餡に用いる餅菓子で、東北地方の南部を中心に広がっている
地域の郷土菓子。
北海道では、けしてメジャーとは言えないスイーツで「息子」にいたっては、食べたことすらない。
生まれて初めて食べるずんだ餅が自分の手作りというは、とても幸せなこと
だと思う。




料理は、畑で枝豆を収穫するところから始まる。
根が浅い枝豆は、「息子」でも簡単に引き抜くことができる。




先生が教えてくれた。
根についている丸い玉の正体は?
この丸い玉は「根粒菌」といい、大気中の窒素を還元してアンモニア態窒素に変換させ、宿主へと
供給する微生物。
根粒菌にはアンモニアのお礼として、根粒内には枝豆から他の栄養がプレゼントされる。
人間関係で言えば相思相愛?の関係だ。

「とうちゃん」がすごい!と思ったこと。
人間が窒素からアンモニアを製造するには、水素と窒素を400–600度に加熱し、超高圧状態で直接
反応させて作られるのに、根粒菌は、それを常温常圧でやってのけることだ。
「息子」は、根粒菌をジャガイモの小さいものでは?などと鋭いことを言って
いた。



収穫した枝豆は、2株×3種類。
そのうち320gが、ずんだ餅の餡となった。

収穫してわかったこと。
枝豆は、枝葉から取り出すのには手間がかかるということ。
緑の豆は、大豆のように乾燥してから脱穀するのとは、かかる手間が違うということがわかった。
また、収穫した枝豆は、調理する直前まで枝はから落とさずに保存すると、品質の劣化を防ぐこと
ができるのは、他の野菜と一緒だ。



収穫したての枝豆を茹でていく。
この後、すりつぶすことを考えて、柔らかめに茹でるのがポイント。
20分くらいは茹でていただろうか。
軽く冷水にくぐらせて荒熱を取り、丁寧に豆を取り出していく。
取り出した豆は、薄皮も剥かなくてはいけないところが、大変手間がかかるところ。



豆の形がなくなってきたところで、砂糖をもっさり、塩を少々加えて、さらにすり潰す。
すり潰された豆から良い感じに水分がにじみ出てきて、いかにも餡という感じ仕上がってくる。



形を留める程度にすり潰した餅米に枝豆餡をコーティングして完成。
店でずんだ餅を購入すると、結構いい値段するじゃないですか。
あれは手間に係る経費が多く含まれているんだろう。




たっぷりと手間をかけて作ったずんだ餅は、格別に美味しかった。
今回、料理したずんだ餅は、たったの6個。
あっという間にペロリだね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 17:19Comments(0)北海道のグルメ

2016年09月24日

清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 



「川で遊ぶと、大人に怒られる」

幼い頃、「とうちゃん」に刷り込まれた知識の一つ。
時に川は、恐ろしい姿を見せることがあるのは、ご存知のとおりだけど。
安全に気を使い時期と天気を選ぶなら、川はとても楽しい場所でもある。

もちろん綺麗な川ならば、気持ち良く泳ぐこともできる。
川で泳いだのは人生で2回目だけど、どちらも非常に清らかな川で気持ち良かった。





川遊びが、こんなに楽しいものだなんて思いもよらなかった。

本日、訪れたのはニセコ町で自然を満喫できるアクティビティを提供しているNAC。
慣れない川遊びを心の底から満喫するためには、土地と川を知り尽くしたガイドがいることがあり
がたい。



「とうちゃん」が抱いていたラフティングへの印象が一変したね。
大学のボート部のように、船頭の掛け声のもとでオールを漕ぎ続ける、過酷なイメージがあった
けど、そんなことはなかった。

ボートは漕ぐというよりは、方向を修正するために、といった方がイメージが伝わりやすい。
流れに沿って上流から下流へ進んで行くので、極端な話、気持ち良く流されるという感じ。




ガイドが演出するラフティングの楽しいことといったら!

岩に衝突するスリルと興奮!
近づいてくる他のグループとの水合戦!
ボートの上で立ち上がり、揺れる不安定を楽しんでみる!
不安定な足場のせいで、川に落ちたけど、そんなの気にしない!


水温が10度程度の秋の川。
着ているウエットスーツと脳から分泌されるアドレナリンのおかげ
で寒さを感じなかった。






癖になりそうな、楽しい時間を。
十分に満喫した「とうちゃん」だけど。

濡れながら帰る道中の寒さがね、とっても辛かったんです。
冷えた体に、バスの窓から吹き込む涼しい風の厳しいことといったら・・・・



ラフティングの後に冷えきった体をニセコの温泉で温める。
気持ち良いことといったら!「値千金」ってやつだ。


心の底から楽しい時間を過ごすことができたニセコ町に感謝。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 04:53Comments(0)北海道の遊び場

2016年09月19日

秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭



収穫祭。
心に沁みる素晴らしい言葉。
体のDNAから喜びが沸き起こる気がする「とうちゃん」です。


本日は、くるるの杜で開催される大収穫祭に参加するべく北広島市を訪れた。
実り豊かな北海道の秋を120%満喫するためには、楽しむ方の努力も必要だと思う。
移動する時間を惜しまず、畑でとれた野菜を、その場で調理して食べる喜びは、北海道に生きる
ことができる醍醐味といえる。



【収穫後、お持ち帰りの野菜たち】

大収穫祭の参加料金は、1グループで4200円
ジャガイモ4株、にんじん3株、枝豆2株、トウモロコシ3本、タマネギ4個、カボチャ1個を収穫
して持ち帰ることができるほか、炭火バーベキュウとして豚肉、くるるの杜ソーセージ2パック、ソ
ラチのタレを使用したポークチャップ、ピーマンと椎茸、ソラチのタレを使ってこんがり焼いたオニ
ギリが提供され、さらに!ソラチの焼き肉のタレ3種が土産でついてくる。



【愛しのバーベキューの材料たち】


【土から掘り出した大きなジャガイモ】


【重たいカボチャの収穫に四苦八苦】


【根腐れが多かった人参は、小ぶりかな】


ホクレンの底力を胃袋で感じる、とても充実した内容だ。
予想外に埋もれていた大きなジャガイモに驚いてみたり。
採ったトウモロコシに、虫がついていて叫んでみたり。




【美味しいお米を贅沢に焼きおにぎりにする喜び】


【食べるまでに、手間がかかる枝豆も】
取れたての枝豆を蒸し焼きにする感動。


焼肉のタレで有名な「ソラチ」の方々に、好みのタレの調合法を
教わった。

「とうちゃん」が一番気に入ったのは、イチゴジャムをたっぷりと入れたタレ
イチゴを感じつつ、果物の甘みと豚肉の相性の良さに驚いた。


【ソラチのタレで作った甘味がうまいポークチャップ】


炭火で焦がしたトウモロコシの香ばしさと甘さに舌鼓。
丸かじりしたピーマンが瑞々しくって。
北海道産ブランド豚「う米豚」の肉のうまさに若干の胃もたれも・・・。




ちなみに、本日の「とうちゃん」一家の晩ご飯は、蒸し野菜でした。

北海道って素晴らしいですね。
「とうちゃん」一家は、北海道の農業を応援しています。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 07:31Comments(0)北海道のグルメ