さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 目にも優しい緑の光「函館熱帯植物園」で避暑ってみる

2012年09月27日

目にも優しい緑の光「函館熱帯植物園」で避暑ってみる


 残暑厳しいある初秋の1日を「函館熱帯植物園」にて過ごした「とうちゃん」一家。

 観光地として有名な施設なんだけど、なかなか訪れるタイミングを逃し続けていた。
 一度も行った事が無い函館市民も多いんじゃないかな。

 避暑を兼ねて?熱帯植物園を訪れてみた。






 非常に目を引く建物の外観、モエレ沼公園やルーブル美術館(行ったことは無いけれど)を思い出す。
 前庭には、遊具を備えた公園、サル山や足湯なども設置されている。

 29℃に達した最高気温。
 ガラス張りの室内が、ことさら辛く感じてしまう。

 こんなことなら、冬に訪れておけば良かった。








 熱帯植物園では、猿の他にもインコ、リス、亀やウサギなど飼育されている。
 ちょっと熱帯っぽくない雰囲気の生き物もいるけれど、「息子」が喜んでいるので良しとする。








 ガラス張りの建物内部には、見たことがないような熱帯の植物で溢れかえっている。
 マンゴーやアセロラ、バナナやパイナップルなど、食卓に馴染みのある果物の木が生い茂っている。
 ここ熱帯植物園の果樹コーナーでは、バナナや甘夏ミカン、ビワなどが完熟した時に、試食会を
行うこと
がある。
 函館の町を楽しむためにも、今後とも綿密な情報収集が必要となるだろう。 
 


 50年に1度だけ花を咲かせて枯れていく植物「リュウ
ゼツラン」があった。

 残念ながら既に花を咲かせてしまい、枯れていく最中
だったけど。

 根元には「リュウゼツラン」の子供達が顔を出している。

 50年後、再び花を咲かせるのだろう。


 87歳か・・、微妙だけど、無理な気がする。















 見事に盛り上がっているサボテンの説明看板には「20万円以上・・」との記述も。
 見た目は痛そうな棘でも、触ってみると気持ちよかったりする。
 もちろん、その逆も・・・・あったけど。




 訪れる時期について、残念だったことがもう一つ。
 咲いている花が、少なかった事。
 いつ頃、訪れるのが一番楽しめるんだろうね。
 ホームページにフラワーカレンダーがあれば、訪れやすいのに・・とも思ったけれど。

 ただ、極彩色の花が少なかったとしても、充分に見応えが合った。
 予想以上に面白かった。
 写真の被写体が多くって、趣味で写真をする人には大変オススメスポットだ。



 今日の主たる目的は「避暑」
 熱帯植物園の水の広場で、過ぎゆく夏を満喫だ。




 いつの間にやら泳げるようになっていた「息子」。
 2カ月前は、水に顔を浸けることすら出来なかったのに。
 得意げに水を蹴り上げて、見せつけるように泳いでいた。
 
 嬉しくもあり、寂しくもある初秋の1日でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:50│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
目にも優しい緑の光「函館熱帯植物園」で避暑ってみる
    コメント(0)