さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › キャンプ! › 積丹町「野塚野営場」楽しいキャンプ場情報(体験談)

2012年08月02日

積丹町「野塚野営場」楽しいキャンプ場情報(体験談)

 「2012年の夏の色は?」
と聞かれたら、迷わずに「【積丹ブルー】だね」って答えるね。
 艶々とした透明感のある蒼い宝石のような海には、素直に感動させられてしまう。




 そんなわけで【積丹ブルー】に輝く海で「息子」と戯れるれるために、積丹町を訪れてみた「とう
ちゃん」です。積丹町を訪れるのは「とうちゃん」も「息子」も生まれて初めてなんですよ。

 積丹町「野塚野営場」に設置した、我が家の別荘(テント)を拠点に、2泊3日の積丹半島満喫ツアー
に行ってきました。





 「野塚野営場」について、みなさんに情報を提供しますね。


 「とうちゃん」の見事な図面は、思い出しながら書いているので、違うところもあると思いますが、
まぁーこんな雰囲気です。 

 今回のキャンプの情報収集、ネットで検索をかけても、なかなかタイムリーな情報を探すことが出来
なかったので、もし今後ここにキャンプを検討する人の参考になれば幸いかな。

 
 
 キャンパーのみなさんは「草と砂地」にテントを設営していました。




 草地は、ちょっと斜めっているけれど、充分許容される範囲。
 駐車場も野営場の利用料も無料だけど、ゴミは当然!持ち帰りです。


 トイレや水場は、毎日清掃してくれている人たちがいました。
 そのおかげで、無料とは思えないほど、清潔な設備を利用することが出来ました。
 ただし、泊方面側のトイレや水場は、故障中で使用できない状態でした。





 平成24年7月22日現在で、設営テント数が7基で、4基が水場の近くに集まっていました。

 「とうちゃん」も、このエリアに設営したんだけど、後悔したね。
 近くに設営した他の人たちは、会社の飲み仲間グループと、ウエットスーツなどの漁具を装備した、
おじいちゃん達。
 もし、この野営場を利用する人たちが、どのような人たちなのか事前に分かっていたら、水場から遠
い場所に設営したのになぁ。

 水場の近くは、家族向きでは無いね。

 知人から「マムシや蜂対策が必要だ!」と言われていたけれど、ほとんど見かけなかったので、おそ
らくは時期的なものなのかな。
 そのかわり「ブヨ」と「ハエ」には、相当悩まされた。
 「ブヨ」に噛まれた場所は、全部で20箇所程度。
 「ハエ」は、テントのひさしの天井を黒く染め上げるほど、集まってくるのには、ゾッとした。
 
 そして、この野営場の最大の魅力は「積丹の海」でしょ。




 浜辺に打ち寄せる波が、砕けたガラスみたいに透き通っている。
 胸まで海に浸かっても、足下を見通せるくらいに澄んでいる積丹の海は、北海道の宝物の一つだね。

 ・・・まぁ、かなり冷たいんだけど。


 
 
 野営場から車で5分程度には個人商店があるけれど、スーパーやコンビニは、30分以上無いと思っ
ていた方が無難です。
 「現地で新鮮な魚介類を仕入れよう!」って考えている人は、積丹町より手前の町で食材を仕入れた
方が良いと思う。
 
 地元の人は、いったいどこで食材等生活用品を仕入れているんだんろう?

  
 温泉は、野営場から岬の方へ車で7分程度で「岬の湯 しゃこたん」が、泊方面へ3分程度で「温泉旅
館 北都」がある。

 「岬の湯 しゃこたん」が大人600円(幼児無料)、「温泉旅館 北都」は大人500円。

 「温泉旅館 北都」が近くて便利だけど、「岬の湯 しゃこたん」をお勧めしたい。

 

 高台にある「岬の湯 しゃこたん」では、温めの露天風呂から見える積丹ブルーの海が絶景だ。
 しかも露天風呂が微かな水色となっているため、空と海の色と相まって、雄大な気持ちに浸れること
間違いなし。
 泉質は食塩泉で、湯上がりの「息子」の尻のスベスベ感は、1歳児のそれと比べても遜色が無い。

 英語で言うなら「シルキーヒップ」ってヤツだね。



 種類は多くないけれど、地元で獲れた魚介類や野菜なども売られているので、食材調達をここで行う
のも良い。



 まぁこんな感じで、2泊3日の積丹キャンプを過ごしてきました。
 天候の崩れ、野営場の騒音により1日早めに切り上げてきたけれど、騒音についてはテントの設置場
所を工夫すれば回避できるので、混雑する時期を外せば、かなりお勧めの場所と思うんですが?


関連記事 やっぱり雲丹(ウニ)じゃない?積丹って言えばさ

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(キャンプ!)の記事画像
洞爺湖の湖畔の静けさと美しさ 財田オートキャンプ場
巨大なハニーローストリブで満腹! 北海道キャンピングフェア
「星に手のとどく丘キャンプ場」 星に手を伸ばしてみた
深い緑に囲まれたキャンプ場 「厚沢部町 レクの森」
快適な長期滞在型キャンプなら【熊石青少年旅行村】でしょ!
長万部公園キャンプ場に行ってみた
同じカテゴリー(キャンプ!)の記事
 洞爺湖の湖畔の静けさと美しさ 財田オートキャンプ場 (2016-08-11 12:37)
 巨大なハニーローストリブで満腹! 北海道キャンピングフェア (2016-05-22 07:23)
 「星に手のとどく丘キャンプ場」 星に手を伸ばしてみた (2015-08-02 17:06)
 深い緑に囲まれたキャンプ場 「厚沢部町 レクの森」 (2012-10-03 06:19)
 快適な長期滞在型キャンプなら【熊石青少年旅行村】でしょ! (2012-08-12 05:37)
 長万部公園キャンプ場に行ってみた (2011-08-27 08:24)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:10│Comments(0)キャンプ!
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
積丹町「野塚野営場」楽しいキャンプ場情報(体験談)
    コメント(0)