さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎

2016年05月17日

北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎



時は明治6年。

北海道を発展させるために不可欠なもの。
道路・橋梁・官庁・学校などの施設をはじめ、家財、機械や農具
車両などの製造事業を行い、今日の北海道の礎を築いた。

それが「開拓使工業局」。





開拓使工業局の庁舎は、派手なカラーリングが印象的な明治初期の洋風事務所建築の特徴をよく示
している。
白をベースに緑と黄色のポイントが、非常に鮮やかだ。

開拓使関係庁舎としては現存する唯一のもの。
建物は、明治10年に札幌市街中心部に建設され、昭和54年に北海道開拓の村に創建時の姿で移築さ
れた。

工業局営繕課の設計業務の実態を示す建物として歴史的に高い価値が認められている。
札幌市時計台より古い時代に建てられた貴重な建築物だけど、知名度に関しては、あまり高くないの
は、どうしてだろう。



【明治中期の札幌市中心部の模型】

左上に「開拓使札幌本庁舎」、中央に「札幌農学校」、そのすぐ
南に建設中の「豊平館」。創成川を東に渡り、現在の札幌市中央
区大通東2丁目に工業局所管の工作場がある。


木材の貯留池などが設置され、広い敷地を有していることがわかる。



【工業局の工作場 模型】

写真左上にある、白い建物が「工業局庁舎」。

開拓使工業局では、当時の先進技術を有した外国人技術者を招いて、西洋
の進んだ技術
を取り入れた。
器械所では、水車をまわしてノコギリを動かし材木を加工してたが、これは当時の先端技術の一つ
だった。

開拓使工業局の業務として、官営工場を経営し家材、機械、農具、車両などの製造事業も行ってい
た。



【建物内部の資料展示】


【玄関ホール兼階段室】


【庇のテントが付いた窓】

熱意だけでは、北海道の厳しい自然の中で暮らすことは困難だ。
明治初期の日本国に必要とされていた新産業とエネルギー。
これらを生み出すための、軸の一つとなったていた開拓使工業局。

そんな情熱に思いを馳せつつ。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
アイヌの偉大な酋長「クーチンコロ」 旭川市 北方野草園
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)
 アイヌの偉大な酋長「クーチンコロ」 旭川市 北方野草園 (2016-05-07 07:58)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
    コメント(0)