さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年07月09日

北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター


【日本赤煉瓦建築番付 横綱 北海道庁】

北海道遺産のひとつ【江別のれんが】は。

北海道江別市で生産されている煉瓦で「野幌れんが」としても知られる。
「江別のれんが」は、周辺地域の土壌に多く含まれる野幌粘土を原材料として、褐色及び赤い色が
特徴のれんが。鉄道やトンネル・橋などのインフラ、サイロ、学校、民家、駅舎や倉庫建物などに
用いられ、北海道近代化に大きく貢献した。



【両登り窯の模型】


【輪環窯の模型】

江別では、現在でも3つの煉瓦工場が稼働しており、国内シェア20パーセント以上、日本有
数のれんが生産地
となっている。

輸送手段としての石狩川、れんがの原料「野幌粘土」、大都市札幌市にも近く、工業用地や薪材の
確保が比較的容易だったことなどが考慮され江別市でれんが製造が開始されたのは1891年のこと。
1898年には、北海道開拓には欠かせない北海道炭礦鉄道が野幌煉瓦工場を開設。
以後、煉瓦工場の進出が相次いだ江別は、一躍煉瓦の町として栄えることとなった。



【セラミックセンター外観】

れんがの町江別にある「セラミックアートセンター」には、「れんが資料展示室」「北のやきもの
展示室」が設置されていて、江別市そして北海道における、れんがの歴史を学ぶことができる。

ここでは、北海道のれんが産業の歴史を、各種れんがや生産用具など実物資料をはじめ、登り窯の
ジオラマ・輪環窯の模型・映像・写真などで紹介されている。


【様々なれんがと製作道具の展示】


【近代産業遺産にも認定された「江別のれんが」】


【フランス式とイギリス式の積み方の違いを体験】


北海道で現在活動中の窯(現窯)の作品が展示されている。
道内の現窯は300窯以上といわれているが、そこで創り出された個性豊かで自由闊達な作品が展示さ
れている。


【(可愛い)叫】


【なんか果物みたいで可愛いね】


「縄文土器焼き」のイベントに合わせて訪れたんだけど。
正直を言うと、「セラミックアートセンター」だけを目的に江別旅行をするのは寂しいかな。
ただし、ここでは色々な体験イベントが開催されているので、そちらを組み合わせることで1日を
楽しく過ごすことができると思うよ。
北海道開拓時代における「江別のれんが」の重要性について、もっとグイグイくる資料が見たかっ
たな、正直なところ。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 06:59Comments(2)北海道開拓に思いを馳せる