さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 男の手作り料理たち › 「若槻農場」の「大地の星」という米でリゾットを作ってみた

2010年11月18日

「若槻農場」の「大地の星」という米でリゾットを作ってみた

先日のフィールデイズインジャパンに出店していた「若槻農場」。
この農場の自慢は、30年も前から有機的な土つくりを行っていることだ。

その取り組みの成果か、田んぼに生息するミミズはの数はトップクラスらしい。

ちなみに若槻農場の田んぼで、氷の中でも活動するイトミミズを観察した時の動画はこちら。
youtubeにアップされている。





〈若槻農場のフィールデイズインジャパン当日の出店状況〉

そんな若槻農場のブースでは、「大地の星」という米を購入してみた。




この「大地の星」は、市販はされていない。
特定のレストランにのみ卸しているものを、今回特別に販売していたそうだ。

ちなみに値段は2kgで1200円と、市販されている米よりは単価は高い。


「大地の星」は、いったいどのような米なのかというと、
現在人気がある米に共通している事の1つに「モチモチ感」がある。

しかし「大地の星」は、モチモチ感ではなく、サラサラ感を目指して作られた品種である。

「ジャポニカ米」だけど「インディカ米」のサラサラ感を持つ米なのだ。




この写真、左側が「北竜町 ひまわりライス(おぼろつき)」、右が「大地の星」だ。
大きさや形は、それほど変わらない。
精米したてのせいなのか、「大地の星」は微かに青く透明な感じ。



家に帰った翌日、さっそく「リゾット」を作ってみた。
久しぶりの「リゾット」は「干し椎茸と季節のキノコのミルクリゾットっぽいもの(仮)」をつくってみる。

1.干し椎茸を水で戻して、戻し汁はブイヨンを適量加えてスープを作る。

2.玉ねぎ、米を炒め、米の表面が白っぽくなってきたら白ワインを加え香りを楽しむ。


3.水分が飛んだら、先程のスープの半分くらいかな、加えて加熱する。


4.スープがなくなったら、加熱していた牛乳で煮込む。
  加える牛乳の量は入れすぎず、アルデンテを目指す。
  さらにこの時に別に炒めていた季節のキノコと季節じゃないアスパラを入れてみた。


5.仕上げに、バターと少量のチーズを加えて出来上がり。



お米達に「いただきます」をちゃんと言ってから、食べてみた。

・・・・ほほぅ。たしかにインディカ米の様にサラサラしている。
牛乳の味が邪魔でハッキリとは確認できないが、ジャポニカ米の旨みを残しているような感じ。

適当に作った割には悪くない出来となった。

これは正式にレパートリーに加えることしよう。

でもインディカ米をイメージして作ったため、米の芯を残しすぎたような気がしなくもない。

今回使用した米は200g。
残り1800gなので、あと9回はリゾットを作れる予定だ。

この冬は、ますますのスキル向上を目指すゾ!

ちなみに、いないとは思うけど、レシピ希望はTwitterで言ってくれれば、
大雑把なところを教えますね。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(男の手作り料理たち)の記事画像
イカしてる!スプラトゥーンのクリスマスケーキにLOVE!
北海道産のカボチャを練り込んだ手打ちパスタと
雄大なダムがある景色 青いダムカレーを作ってみた
半熟で食べる自家製干し柿が美味すぎて
憧れのソーセージ作りに挑戦! 札幌市さとらんど
紅いロシア料理で彩った 春の夕暮れ
同じカテゴリー(男の手作り料理たち)の記事
 イカしてる!スプラトゥーンのクリスマスケーキにLOVE! (2016-12-30 08:55)
 北海道産のカボチャを練り込んだ手打ちパスタと (2016-09-01 06:57)
 雄大なダムがある景色 青いダムカレーを作ってみた (2016-07-22 16:12)
 半熟で食べる自家製干し柿が美味すぎて (2016-06-17 20:30)
 憧れのソーセージ作りに挑戦! 札幌市さとらんど (2016-04-30 20:35)
 紅いロシア料理で彩った 春の夕暮れ (2014-03-29 14:19)

Posted by 「とうちゃん」 at 20:24 │男の手作り料理たち

削除
「若槻農場」の「大地の星」という米でリゾットを作ってみた