さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 紅色に染まる函館元町「大三坂」が素敵すぎて

2012年11月13日

紅色に染まる函館元町「大三坂」が素敵すぎて



 車道にも、歩道にも、敷き詰められた石畳が。
 紅葉の光に照らされて、いつもより紅い色を帯びている気がする。
 立ち並ぶ、古い函館元町の町並み。
 遠くに見える函館湾も、よい雰囲気を醸している。




 函館元町を歩く度に立ち寄る大三坂。
 今日この日に出会った大三坂が、一番素晴らしい気がするぞ。
 
 植樹されている木々は、今日の紅色を意識していたんだろうか。
 まさに今日のために植樹されたような、そんな気持ちにもなってしまえるほど素晴らしい。





 坂を見上げると、函館山ロープウェイが交差するところを見ることが出来た。
 そういえば、今日は函館ロープウェイの「市民感謝DAY」で、乗車料金が無料になる日。
 ロープウェイ山麓駅周辺が、普段に無い賑わいを見せていた。

 【関連記事 「市民感謝DAY」で大混雑の函館山から】 





 日本の道100選(実際に選ばれているのは104道)にも選ばれている名道。
 100選なのに、それ104選されているところに浪漫があると思うね。

 ちなみに「大三坂」の由来について「箱館夜話」(1857年)に記載がある。

 「昔は木下という家があったので「木の下の坂」と言われいたけれど、今は坂の下には大三印の旅籠
屋(はたごや)があるから「大三坂」と言われている。」


 今となっては、その名前の由来となった旅籠屋を確認する事はできないけど。





 函館元町の大三坂が最高に見頃を迎えていると、勝手に思っている「とうちゃん」がお送りしました。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:12│Comments(2)LOVE 函館
この記事へのコメント
協会と真っ赤なツタとななかまど
観光のポスターみたいに素敵ですね♪

昔(笑)
元町の水元の樹齢100年の桜を眺めてた時、
ロープウエイが昇ってきて
わ”!花と一緒に!
って携帯を空に向けた時には通り過ぎて行った・・・

思い出したよ~(笑)

すいません!長々と(笑)
Posted by スナ婆 at 2012年11月13日 08:06
スナさん、おはようございます。

「とうちゃん」も、よくやります、ソレ。

飛行機と一緒に風景を撮影したかったけど、カメラを向ける頃、シャッターチャンスを逃しちゃうんですよね!
Posted by とうちゃんとうちゃん at 2012年11月15日 05:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
紅色に染まる函館元町「大三坂」が素敵すぎて
    コメント(2)