さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2017年02月05日

幽玄に輝く漆を磨きあげる喜び 彦根市「ほんまもん体験」


【「ひこにゃん」と「息子」と彦根城】

「中国人観光客の爆買い!」なんて言葉が新聞を飾っていたのも、一昔前のような気がする。
最近では、外国人観光客の「爆買いから体験へ」なんて言葉も、新聞に掲載されるようになってきた。

「旅先での体験観光」が大好きな「とうちゃん」としては、ようやく時代が
「とうちゃん」に追いついてきたかな?なんてニヤリしてしまう今日この頃。






今回は、北海道を遠く離れ、滋賀県彦根市にて経済産業大臣の認定を受けた彦根仏壇の伝統
工芸士・漆塗師に指導いただける「ほんまもん体験」漆塗り箸研ぎ
に「とうちゃん」一家が挑戦してみた。

旅のお土産を、自分の手で作り上げるなんて素晴らしいことだよね。
ちなみに、この体験プログラムは彦根市のホテルに宿泊している者限定のプログラムになっている。




「ほんまもん」と言うだけあり、この体験は、感動的に「ほんまもん」だ。
天然の漆を何層にも塗り固めた箸を、慎重に研いでいくことにより様々な文様を浮かび上がらせていく。

「とうちゃん」が、ムラを出さないように慎重に丁寧に漆を研いでいくその横で、「息子」がガリガリ
と大胆に大きな音を立てて研ぎ続ける。
伝統工芸士の先生も、「あ〜ぁ」って心の中で思いつつ、辛抱強くご指導いただいた。
ちなみに「かあちゃん」は、慎重になりすぎて時間内に終わらなかった。




【研ぐ前の箸】


【研いだ後の箸】

磨くほどに、文様を変えていく漆箸。
目の細かいもので研磨するごとに、輝きを増していく漆箸。


せっかく塗った天然の漆を研いでいくのは、貧乏性の「とうちゃん」としては、非常にもったいない
気持ちでいっぱいだけど。
塗っては磨き、塗っては磨きあげて作られる漆器には、幽玄な美しさが備わ
っていくのもわかる気がするね。

人も漆も磨き上げて、スマートになってこそ輝いていくのだろう。


【磨き上がった漆箸で食べる「彦根丼」】

漆が乾くのは、湿気による化学変化によるものなので、湿気が少ない北海道では、あまり体験するこ
とできない漆器の体験。
北海道に住む「とうちゃん」一家にとって、かけがえのない貴重な体験となった。

「とうちゃん」たちが、漆磨き体験に参加するために、たくさんの人たちのご協力があった。
人件費、材料費、交通費や手間などを考えると、もうけどころか赤字になると思われるほど、配慮が
行き届いた体験だった。

京都府や名古屋に挟まれる彦根市に、観光で彦根市に宿泊する人は、あまり多くはいないと思うけど、
もし機会があれば、絶対に参加していただきたい!

お値段以上の価値を「とうちゃん」は保証します!
  


Posted by 「とうちゃん」 at 14:47Comments(0)海を渡って

2016年06月26日

夢のキッザニア! 大人だって遊びたいのに!




キッザニアは、こども達があこがれの仕事にチャレンジし、楽しみながら社会のしくみを学ぶこと
ができる「こどもが主役の街」です。

約3分の2のこどもサイズに作られた街の中で、大人のようにいろいろな仕事をすることで、キッゾ
(専用通貨)がもらえます。キッゾは買い物をしたり、サービスを受けたりすることに使えます。
体験できる仕事やサービスは、なんと約100種類!

実在の企業がスポンサーとなるパビリオンは約60あり、本格的な体験を演出しています。
こども達は、リアルな職業・社会体験を通して、未来を生きぬく力を育むことができます。


【キッザニアHPより】




と、いう趣旨を鑑みると。
人生も半ばを過ぎた大人である「とうちゃん」は、キッザニアで遊ぶことができないということ。
ちゃんと入場料を支払っているのに・・・。

あまりにも本格的で楽しそうな職業訓練が羨ましすぎる!



【獣医 病気の動物の診察】


【獣医 病気の動物の手術】


【医者 腹腔鏡を使う手術】


【歯医者 ドリルで治療中】

総じて医療に関する仕事が気に入った「息子」。
最初は「気持ち悪い」とか「怖い」などと言っていたくせに。

「とうちゃん」だって内視鏡手術を体験してみた。
もし、「とうちゃん」が子供の頃にキッザニアで遊ぶことができていたならば。
今頃は医者になっていても?おかしくはない?



【冷凍食品の製造】


【DONQ クロワッサン作り】


【ヤクルト 微生物研究】


【ハンバーガーショップ】


【ピザショップ】


【ミルクハウス】

食品関係の仕事は、自分で作ったものを食べることができるのがイイね!
普段から料理に慣れ親しんでいる「息子」だけど、製造業としての食産業を体験
きたのは、良い経験だったろう。



【東京メトロ 保線工事】


【東京ガス 検針作業】


【消防士 消火作業】

体や命を張って働く重労働。
本物の工具や道具を使っての地下鉄レール交換は、望んだって、滅多に出来きない作業。
レールのズッシリと腰にくる重さに「息子」、この仕事は嫌だって。

意外と言っては失礼かもしれないが、ガス検針が「息子」のお気に入りの職業になった。
ナビゲーターの「おねえさん」が気に入ったらしい・・・・。



【取材と新聞作成】


【宅配便の配送】


【旅行ツアーの企画とパンフレット作成】




【稼いだキッゾで印鑑作り】



【口座開設とATM引き出し】


「とうちゃん」一家は、第2部の16:00 〜 21:00、5時間コースで遊ぶことが多かった。

一つの職業体験に必要な時間は大体30分。
移動時間を考慮すると、どうしても無駄な待ち時間が生じるのは不可避だけど。
人気がなく、待ち時間が少ない職業を挟むことで、極力待ち時間を減らしていく。
普段、あまり関心がない、人気がない職業だって、十分に面白いんだよ、キッザニアでは。

いつもなら就寝する21時まで、キッザニアで働き?続ける「息子」。
疲れても、腹が減っても頑張り続ける「息子」。

将来は、どんな職業につくのかな?
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
  


Posted by 「とうちゃん」 at 08:29Comments(0)海を渡って

2016年06月25日

国宝 彦根城天守閣と「井伊の赤備え」に感じる思い


【国宝 彦根城天守閣】

海を越えて、滋賀県彦根市から「とうちゃん」がお送りします。

近世の城で天守が残っているのは、ご存知のとおり、弘前、松本、犬山、丸岡、彦根、姫路、備中
松山、松江、丸亀、松山、宇和島、高知の12城。
このうち、国宝指定を受けているのは、松本、犬山、彦根、姫路そして松江の5城のみ。

意外に少ない現存する城と国宝指定に指定された天守閣。




彦根城は、徳川家康の命により、佐和山城を一掃するため、現在の
彦根山に1604年より築城開始、1622年に竣工した城。

すべてが新築されたのではなく、天守は大津城から、天秤櫓は長浜城から移築された。
そのため、天守は2年ほどで完成したけれど、城郭の完成は1622年とされている。

築城が開始された時代は、世の中も治りきらない1604年。
城郭が、戦争を前提に作られているのが、リアルに時代を感じるね。




彦根城は、徳川方最大の兵粮米を備蓄する軍事拠点であるとともに、
井伊家の軍勢は、西国の押さえという重要な役割を持っていた。


佐和山・彦根周辺は、古代から交通の要だった。
中山道と北国街道が分岐する陸上交通の要衝の地であるとともに、琵琶湖水運の拠点でもあった。
彦根城から、わずかに西に行くと関ヶ原にたどり着けるしね。



【佐和山の城跡】

「三成に過ぎたるものが二つある。島の左近に佐和山の城」
16世紀末に織田信長の家臣丹羽長秀、豊臣秀吉の奉行石田三成が居城とした佐和山城。
現在は写真のとおり、平地に現れた小高い山になっている。



【ご存知 ヒコニャン】

【井伊直孝 「赤備え」の甲冑】

徳川家康が旧武田領を領する際、武田旧臣を配下に組み入れ、井伊直政の配下とした。
あわせて、武田の兵法を取り入れた「井伊の軍法」が武田旧臣らによってまとめられた。

「井伊の赤備え」
井伊の軍団は、甲冑や旗指物などを朱色で統一したことから、「井伊の赤備え」と称された。
「井伊の赤備え」部隊は、時代の精鋭部隊であり、徳川最強の軍団としてめざましい活躍を見せ、家
康の天下統一を支えた。



【夢京橋キャッスルロード】


【ひこね丼】

夢京橋キャッスルロードを歩きつつ、晩御飯を物色していると目に入った「ひこね丼」
近江牛すじ肉煮込みと赤こんにゃくの名物どんぶり。

牛肉の出汁の効いたご飯に、井伊の赤色をしたコンニャクの歯ごたえが面白い。




彦根市を1日で見て歩くなら。
もちろん彦根城を中心に観光することになるのだろうけど。
ちょうどいい距離だね、歩くには。

彦根城観光や赤鬼観光は、もちろん印象深く残っているけれど。
彦根城から望む佐和山城跡に感じる、石田三成の華やかで厳しい人生に馳せる思い。
そして彦根城や佐和山城の地理的な利点を、肌で感じることができて大満足の「とうちゃん」が
お送りしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 19:37Comments(0)海を渡って

2016年02月20日

風林火山が夢のあと 甲府市



甲斐は武田の風林火山。

「とうちゃん」の保育園時代の数少ない記憶の一つに、「川中島」のお遊戯がある。
今、思うと非常に趣味が渋い保育園だと思う。
保育園児に「川中島」は、ちょっとありえない気がするけどなぁ。

でも、そんな幼い頃の記憶のせいでしょうか、武田信玄の居城があった躑躅ヶ館跡を訪れて
みたのは。
ちなみに、現在は武田神社になっています。





【甲府城】

JR駅の側にある、甲府城跡。
部分的に復旧もされており、なかなか見ごたえのある観光拠点だ。
立派な石垣が残されている。

甲府城は、武田氏滅亡後、豊臣秀吉の命により築城された。
関東の徳川家康に対抗するための重要な戦略拠点として築かれたといわれ、徳川体制になっ
てからは西側への備えとしての重要性を保ち続けたといわれている。




【武田神社】

JR駅の周辺では、電動サイクル自転車が半日で500円でレンタルされている。
緩やかな坂が多い甲府の街を走るのに、とっても助かるね。

さて、JR駅から2kmくらいかな、ゆるい坂道を走ると正面に見える武田神社。

今までに見てきた城跡とは、明らかに違う地形。
城跡というよりは、屋敷跡という方がしっくりくる。

この地に、武田信玄と武田二十四将がいたと思うと、不思議な気持ちになる。




【武田信玄墓所】

戦国一代の英雄。
その墓としては、あまりにも寂しい質素な雰囲気だ。

その死が、あまりにも大きすぎて、秘匿せざる得ない世情。
厳しい上杉、北条との三つ巴。

なんか、ロマンを感じるほどの侘しさだ。




【円光寺】

信玄公の正室である三条夫人の菩提寺「円光寺」を訪れてみる。
高台から見る、甲府の街が気持ち良い。

何気ない風の気持ち良さって、旅の醍醐味の一つだよね。




【善光寺】

甲斐の善光寺は、武田信玄公が川中島の合戦の折、信濃善光寺の焼失を恐れ、永禄元年(1558)
に、御本尊善光寺如来をはじめ、諸仏寺宝類を奉遷したことに始まる。
保護というには、過剰なほどの立派な寺院だった。



【サドヤワイナリー】

醸造所というには、あまりにも美しい建物。
もし可能ならば、ワイナリーで地ワインに合う料理でも食べようと思っていたんだけど、残念
ながら結婚式のため貸切になっていた。

イイね!こんな洒落たワイナリーで挙げる結婚式っていうのも。
羨ましい……

ちなみに、佐渡屋は江戸時代には「油屋」だったんだって。



【ほうとう屋 小作】

サドヤワイナリーで空振りした「とうちゃん」の胃袋。
どうしてくれようかと、甲府の街を彷徨っていると、出会えた「ほうとう屋 小作」。
ネットで情報収集した結果、オススメ店と判明。
もう「とうちゃん」の胃袋は「ほうとう」しか受け付けないね。

お味は想像していたよりも、根菜類の優しい甘みがよく出て美味しい。
それにしても、量が多すぎるのが辛かった。
かわいらしい「とうちゃん」の胃袋にとっては、とても1人前と言えないほどの量だ。


甲府の街を電動自転車で観光すると、だいたい5時間程度で、「とうちゃん」はひととおり見学
をすることができた。
緩やかだけど、坂が多い甲府の街、電動自転車は大助かりでした。  


Posted by 「とうちゃん」 at 08:24Comments(0)海を渡って

2016年02月14日

大興奮! 樹から樹への綱渡り 長柄町



長柄町の深い木々に囲まれて。

「とうちゃん」一家の超お気に入りスポット「ターザニア」!
「ターザニア」は、子供だけの遊び場ではありません。
大人だって夢中になって遊ぶことができちゃいます。

お値段は、ちょっと高めだけれども。
その値段の分だけの価値はありますね。

しかも、空いている時は、おまけでもう一周させてくれることもあるので、空いている日時を狙う
のが大変おすすめです。


【命綱を装着した「息子」】

コースは2種類で、アドベンチャーコースは140cm以上の人でないと挑戦できないのが、大変
悔しい!
「息子」よ、あと4cm伸びてくれ!

と、いうわけで「とうちゃん」一家はキャンピーノコースという、子供でも挑戦できるコースしか
知らないんです。



【綱渡り中の「息子」】


【大人が苦手な木の輪くぐり】

さて、普通のアスレチックとは違い、高い木の上での運動となるため、常時、命綱が付けられて
いる状態となる。
言い換えれば、手を離しても落ちないってこと。

「落ちない」って事を理解できない「息子」は、無駄に力を入れすぎて、「とうちゃん」が知る
限り、人生初の筋肉痛を経験していたね。
高いところと、不安定な足場を怖がっって、無駄に足に力を入れすぎて、生まれたての仔牛のよ
うに、足がプルプル震えていた。

それも、また良い思い出だ。


【丸太渡り】


【ネット渡り】



一番辛そうにしていたのは、この足場がリングの施設だね。
内股に厳しい運動を要求される。

「息子」は、普段使わない内股を酷使しても、クリアできずに泣き出した。

足をリングから外して、空中に浮けば簡単にクリアできるに「できない〜」って叫んでいる。
でも、すぐに手を離す楽しさを覚えて、むしろ空中に浮く事を楽しんでいた。



高い木の上から滑空できるロープウェイも非日常的で、とっても楽しいんだ。
今までロープウェイには、あまり興味を示さなかった「息子」も夢中で楽しんでいた。

もちろん「とうちゃん」も「かあちゃん」も、童心にかえって夢中に遊んだ。
でも、子供の頃に、こんな楽しい施設で遊んだことなんてなかったけどね。



注意すべき点は、エネルギーの確保だ。
近くには、ホテルのレストラン以外に食事を取れる場所がないので、運動のあとの軽いエネルギー
補給ができません。
ちょっとした、お菓子なんかは要携帯だね。  


Posted by 「とうちゃん」 at 07:08Comments(0)海を渡って