さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 道南食料工業株式会社に行ってみた

2011年07月26日

道南食料工業株式会社に行ってみた

本当に偶然だった。
元町観光から帰宅途中に自転車を急停止させた。
以前から探し続けていた、元気のよい「生糀」が売られていた。



創業70年、函館で唯一の味噌・醤油醸造元である、
道南食料工業株式会社」に行ってみた。





これだけ歴史がある町において、唯一の味噌・醤油の醸造元。
しかも創業が昭和の17年らしい。

・・・・創業前の函館市において、生活に欠かせない味噌や醤油は、どうしていたんだろう?

函館の調味料史については、そのうち調べてみようかな。icon88





店内というか工場の入り口には、販売している商品見本が飾られている。

南蛮、行者ニンニクなど、熱々のご飯に合いそうなオカズ味噌。
用途別に小分けされている醤油。
いろいろな調味料は、料理ごとに調整されているのか、その種類も多い。






代表的な商品一覧が掲載されているが、
現地では、まだまだたくさんの種類の商品が販売されている。




ただ、気になるところが1点。
この工場には、醤油、味噌、日本酒そしてワインなど発酵食品等を製造している場所に特有の発酵香が無い。

なぜだろう?

工場はここに無いのかなとも思った。
でも味噌や醤油造りに欠かせない「糀」を、ここで購入する事ができる。

・・・・・・まあいいか。



商品を物色していると、地元の奥さんがやってきた。
常連なのだろう「醤油1ℓと塩スープ3ℓねicon06

その迷いを感じる事が無い、見事な注文ぶりに見ほれていると、

ここは、塩スープが良いんだから!もう、店でラーメン食べなくってすむよ



・・・・えっと、ここ醤油と味噌の醸造元でしたよね?





そんな訳で、「生糀」2kg、「塩スープ」500mℓ、「青南蛮味噌」100gを購入した。

さっそく塩ラーメンを作ってみた。
悔しいけれど、間違いないく美味しい。
もちろん南蛮味噌も、おにぎりに入れて食べると、その甘辛い味でドンドン食べれちゃいます。


函館のお土産に醤油屋で作った「塩スープ」なんていかがですか?
ネタにもなります。






にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:14│Comments(2)LOVE 函館
この記事へのコメント
こんにちは。私の父親が若かりし頃、営業マンとしてここで勤めていましたよ!小さい頃に何度か連れられて行った記憶があります。トラックに醤油の一升瓶積んで日高の方面や江差方面に出張してたみたいです。親父いわく「会社で一番の営業成績だった」と今でも自慢しています(笑)
Posted by 達吉 at 2011年08月14日 18:16
達吉さん

とっても嬉しいコメントありがとうございます。
ブログを書いていて、こういうコメントいただけると、
頑張って書いていて、本当に良かったと思います。

道南だけじゃなく、日高の方まで出荷していたんですね。
勉強になりました。
Posted by とうちゃん at 2011年08月14日 19:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
道南食料工業株式会社に行ってみた
    コメント(2)