さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 男の手作り料理たち › ふんわり鮭のムースとレバーペーストに舌鼓

2011年11月08日

ふんわり鮭のムースとレバーペーストに舌鼓

幸運にも、北斗市のイベントにて3匹の鮭を捕獲した「とうちゃん」一家。
頂戴した命は大切に、感謝と心を込めていただくのが「とうちゃん」一家のポリシー。




【鮭のムースとレバーペースト】



先日の「白子料理」「心臓とホルモン」「氷頭」「腎臓」に引き続き、
今日は「肝臓」「身」の調理に挑戦だ!



ココから先は、ちょっと血まみれな画像もあるので、
「そんなの・・・見たくない!」って言う人は、見ないでね。


「とうちゃん」の鮭ブログも、今日で最終回です。




左から2番目の○がターゲットの「肝臓」。
「白子」の次に大きく、ドッシリとした存在感のある内蔵。
新鮮な鮭の「肝臓」を摘出するのは簡単だ。




癖が強い「肝臓」を美味しく頂くには、下処理が重要になる。
写真左にある「肝臓」の中に変な色の汁が詰まっている「何か?」があるので、取り除いた方が良いと思う。

血抜きと臭い消しのために、塩をちょっと加えた牛乳で1時間以上浸しておいた。





若干塩を加えた沸騰した湯に「肝臓」を20分程漬けておく。
茹で上った「肝臓」に、バター、塩、タップリの香辛料を加えて、粘りが出てくるまで練って出来上がり。



鮭の内蔵料理でクタクタになった体。
残されているのは、3匹分の「身」と「アラ」。

「・・・・アラアラ」、なんて呟いている暇など無い。





「アラ」は、汁にして2回に分けて食べる事にしよう。

「身」は、2匹分を「醤油と味醂と昆布」、「自家製味噌と味醂」に漬け込み、ちょっとずつ食べていく。



こんな時、ジップロックは本当に重宝するね。


残りの鮭の一部を「ムース」という、オシャレっぽい料理に仕上げてみた。






この時に使用したのは、皮と骨を丁寧に取り除いた「身」290g
タマネギ半分と塩を胡椒を加えて、フードプロセッサーですりつぶす。
泡立てた卵白、半分固めた生クリームを加えて、ふんわり素早く混ぜ合わせる。
水を張った160度のオーブンで20分焼いて出来上がり。

色が白っぽい「ぶな鮭」は「身」の調理が難しい。
ムースも大きすぎたために、取り出す時に割れちゃった。

それでも脂身の少ない「身」が、生クリームで補われて、なかなか美味しくできた。
しかも、出来立てよりも、冷蔵庫で冷やした方がさらに美味しかった。





先日「白子」を味噌に漬けたと紹介したが、我慢できずに味見してみた。




味噌の風味と、余計な水っ気が抜けた極上の「白子」。

驚いたのは食感。
こんな不思議な食感を感じた事は無かった。
なんて言えば良いのだろう・・・
皆さんに一切れずつ、お届けしたい気持ちでいっぱいです。


とりあえず、今日で「とうちゃん」の鮭料理は終了です。
できるならば今シーズンに、あと1匹くらい調理したいな〜。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(男の手作り料理たち)の記事画像
イカしてる!スプラトゥーンのクリスマスケーキにLOVE!
北海道産のカボチャを練り込んだ手打ちパスタと
雄大なダムがある景色 青いダムカレーを作ってみた
半熟で食べる自家製干し柿が美味すぎて
憧れのソーセージ作りに挑戦! 札幌市さとらんど
紅いロシア料理で彩った 春の夕暮れ
同じカテゴリー(男の手作り料理たち)の記事
 イカしてる!スプラトゥーンのクリスマスケーキにLOVE! (2016-12-30 08:55)
 北海道産のカボチャを練り込んだ手打ちパスタと (2016-09-01 06:57)
 雄大なダムがある景色 青いダムカレーを作ってみた (2016-07-22 16:12)
 半熟で食べる自家製干し柿が美味すぎて (2016-06-17 20:30)
 憧れのソーセージ作りに挑戦! 札幌市さとらんど (2016-04-30 20:35)
 紅いロシア料理で彩った 春の夕暮れ (2014-03-29 14:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ふんわり鮭のムースとレバーペーストに舌鼓
    コメント(0)