さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のグルメ › ホッケの不漁と激ウマ根ボッケ定食1500円!

2012年09月17日

ホッケの不漁と激ウマ根ボッケ定食1500円!

 魚偏に花と書いて「ホッケ」と読む。

 以前は「囚人魚」と呼ばれるほど不味い魚のレッテルを貼られていた時期もある。
 鮮度も落ちやすいため、輸送が確立していない時代には、ほとんど食用とされなかった。
 しかし、北海道近海でニシンが獲れなくなると、代替品としてホッケの需要が急増。
 第二次世界大戦後は、食糧難に伴い重宝され始める。
 物流の発達と共に、日本の家庭に浸透し、居酒屋の定番料理となっていった。
(wikipedia 参考)

 そんな居酒屋の定番メニュー「ホッケ」の漁獲量9割のシェアを有する
北海道
で激減している。

 ホッケの漁獲量は1998年から減少傾向が続き、とりわけ3年前から急減。
 2008年の約16万5000tから昨年は約5万8000tまで落ち込んだ。

 道南渡島管内最大の水揚げ量を誇る函館市恵山地区も例外ではない。
 1本釣りホッケや、刺し網で捕る恵山ブランド「海峡根ボッケ・バキバキ」も不漁が続いている
らしい。


 なんてニュースを耳にする今日この頃。
 以前に他のサイトで書いた、ブログを思い出したので転載してみます。
 根ぼっけの刺身、美味しかったなぁ。


 根ぼっけ定食1500円・・・・・。
 焼き魚の定食で1500円は、なかなか支出の難しい金額では?
 ちなみに、名物の「がごめ昆布ラーメン」は750円で、小ライスまで付いている。
 材料としての「根ぼっけ」は、700円位とも聞いているし。

 もしかするとラッキーピエロで、持ち帰り用のハンバーガーを購入して、恵山山頂で景
色を楽しみながら食べるほうが充実したランチタイムを過ごすことができるかもしれない。

 ネットでランチ情報を調べていると、情報量の不足から大切な何かを見失うことは、よく
あることだと思う「とうちゃん」です。
 
 
 


 函館市恵山を訪れてみた「とうちゃん」一家。
 ランチを食べに道の駅「なとわ えさん」にある「なとわの里」に立ち寄ってみる。

 広い面積を誇る函館市に唯一設置されている道の駅で、その景観や設備の充実さからも、
道南の道の駅の中では一番オススメの道の駅であると「とうちゃん」は思っている。
 
 
 
 
【根ぼっけ定食 1500円】
 



 「コレを食べずして、恵山観光を語るなかれ」・・・・
なんて思えちゃうほど、充実した内容と味の定食だ。
 根ぼっけのフライ、根ぼっけの焼き物、根ぼっけの蒲焼、そして特筆したいのは、あまり
食べる機会が無い「根ぼっけの刺身」。

 脂がタップリのった根ぼっけを、惜しみなく使用した定食が、たったの1500円とは驚きだ。
 少食の「とうちゃん」だけど、おかわりをしたくなるほどの美味しさだ。

 出発前は、根ぼっけの開きを買って家で楽しもうとすら考えていた「とうちゃん」の考え
は、今となっては、情報不足からの判断ミスだった。


【がごめラーメン 750円】

 がごめ昆布を麺に練りこみ、澄んだスープと一緒に食べる一品。
 半分ほど食べた後に、おぼろガゴメ昆布を投入して、その食感の変化も楽しめる。
 最後に残ったトロみが付いたスープを、小ライスに絡めて食べるのも美味しい。 
 
 


 道の駅の裏には、恵山を望める美しい海岸線が広がっている。
 遠目に眺める恵山。
 禿げた山肌が、ちょっと神々しくも感じられる。 
 

 
 ちょっと変わった海岸の砂の色。
 大量の砂鉄が、波に洗われて一面に広がっている。

 歴史の話になっちゃうけれど、この砂鉄を使用して大砲を作成しようと箱館奉行が試みた。
 1856年、五稜郭や弁天台場を設計し、諸学に通じた武田斐三郎が洋書と外国人の助言を頼
りに、日本初の様式溶鉱炉の設計施工に着手した。


【溶鉱炉が建設された当時の古武井周辺の地図】
 
 大規模の製鉄業は、経験を要すると言われていたにもかかわらず、製鉄の経験が無いのに
洋書と助言を頼りに、日本初の様式溶鉱炉を作ろうとする人間の情熱に感動しちゃうね。

 結果として製鉄は成功せずに1863年、暴風により溶鉱炉は大破してしまう。
 何の本に書いていたかは忘れたけれど(多分、函館市史?)、助言を行った外国人が後に
製鉄方法を確認した時に、「もうチョットでしたネ!◯◯が◯◯でしたネ!」と、後ちょっ
とで成功していたことに驚いていたらしい。
  
 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事画像
舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店
採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜
秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭
加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜
生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山
隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS
同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事
 舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店 (2017-01-29 12:45)
 採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜 (2016-09-25 17:19)
 秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭 (2016-09-19 07:31)
 加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜 (2016-09-03 20:48)
 生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山 (2016-08-31 19:50)
 隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS (2016-08-14 06:30)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:05│Comments(0)北海道のグルメ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ホッケの不漁と激ウマ根ボッケ定食1500円!
    コメント(0)