さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館護国神社から見下ろす函館の町

2012年11月21日

函館護国神社から見下ろす函館の町







 1869年(明治2年)箱館戦争殉難者を祀るため、招魂社を設立。
 今でも境内には「招魂場」の字を刻んだ石碑が残されている。



【亀石に刻まれた「招魂場」】

 この石碑に使用されていいる石は、高田屋嘉兵衛が飢饉対策の公共事業として市民に海中から引き揚
げさせた「亀石」を割ったものだとされ、揮毫は箱館戦争の総督を務めた清水谷公考。
 
 函館護国神社社殿の向かって右奥には、新政府軍戦死者165柱を祀る墳墓が、ひっそりと佇んでいる。
 


【見落としがちな新政府軍戦死者墳墓】


 1939年(昭和14年)に函館護国神社と改称され、箱館戦争・西南戦争・日清戦争・太平洋戦争まで
戦没者が英霊一万三千余柱が祀られる。
 1942年(昭和17年)に現在の曲線が美しい屋根が特徴の社殿に改築された。



 
 境内には、戦争により失われた命を惜しみ、石碑が立ち並ぶ。


 
    
 
 松の巨木を見上げてみると。
 松の木に巻き付いた葉が紅葉していたけど。

 まるで立ち昇る炎を見るような景観だ。

 なんとも言えない、不思議な雰囲気が神々しさを醸している気がする。



 
【坂の上にある護国神社の鳥居から】
 
 見下ろす坂は「護国神社坂」。
 以前は、「招魂社坂」、「倒産坂」、「汐見坂」と呼ばれていた事もあるそうだ。
 

 神社にまつられる御霊が、国を故郷を守るために戦死したのか、どんな思いを胸に戦死したのか、
この世にどんな未練を残していったのかなんて、「とうちゃん」には分からない。

 小春日和の秋の昼に。
 神社の境内から見下ろす函館の町が、とても愛おしく感じる。
 きっと、護国神社を参拝したこととは無関係では無い気がする。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:33│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館護国神社から見下ろす函館の町
    コメント(0)