さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › コカコーラ工場の見学に行ってみた

2011年03月07日

コカコーラ工場の見学に行ってみた



札幌市清田区にある「北海道コカコーラボトリング」さんの工場に見学に行ってきた。
工場見学にかかる費用は、この不景気に財布にやさしく0円設定。

駐車場も心配しなくても大丈夫。
しかも受付の警備員さん、とっても優しくて親切だった。
直接案内するお姉さんだけではなく、全員から「おもてなしオーラ」がにじみ出ている。






工場の大きさは、札幌ドーム2個分という広大な工場は、3交代24時間フル回転。
360万本の製品を生産し、6000万本の製品を保管、発送を行っているのに、

工場で働く社員は、たったの160人程度らしい。

コレは驚きだ。
工場では、いったいどれほどの合理化が行われているのだろう。





まず説明されたのが「自動販売機」
電光掲示板では、各種情報を自治体などと協力して発信し、災害時には飲料の無料提供も行われる。

・・・とりあえず「ほほぉ〜」と唸ってみた。






工場で行われている環境対策について、

「工場からゴミは出てきません。コーヒーやお茶のカスは肥料に、
ペットボトルは社員のユニフォームに、排水は微生物できれいにして・・」

など具体的で非常に分かりやすい説明が続く。






昔の自動販売機の展示。

妻と二人で「コレ、懐かしー」って喜んでいたら、
「皆さん、そうおっしゃいますね。私はよくわからないのですが・・
ってお姉さんにかわされた?

ちなみに息子は、この自動販売機を見て「コレって、なつかしいよねーicon01

と、可愛らしいコメントをお姉さんに返していた。





「コレってなんだか分かりますか?」



どうやら答えは「ペットボトルのもと」らしい。

昔は、工場で生産した大きなものを搬送していたけど、輸送トラックの削減のために、
このような形で輸送する事になったらしい。
コレで1/8のトラック削減になったそうだ。





1919年頃、初めて日本に「コカコラタンサン」が輸入された時の宣伝記事。



その後、実際の缶(コーヒー)の製造ラインを見学したが、コレ以降は撮影禁止。

ナミナミと注がれた缶に注がれるコーヒー。
コーヒーの缶にはいつの間にか蓋が施され流れていく。
1分間で1200本だったかな?目にも止まらない早さで流れる缶コーヒー達。

まさに、工場見学の醍醐味だ。

ちなみに、同じラインで「お茶缶」も製造されるらしい。
コーヒーの香りがお茶に移らないのかな?とも思ったけど、
飲んだ事が無いよね「コーヒーの香りがする爽健美茶 」







工場見学の後は、ビデオでコカコーラについての勉強(飲み物付き)。

ビデオの後は、育児の話で著しい盛り上がりを見せる妻とお姉さん(3歳の男の子がいるらしい)
ちなみにお姉さん、前職はバスガイドさんだったらしい。




飲み物はもちろん「ジョージアグリーン色の瓶」に詰められたコカコーラ。
子どもには「Qooの筆記用具」、大人には「コカコーラのキーホルダー」が付いてきた。


この日に憶えた【まめ知識】

・200以上の国々で販売されている。
・コカコーラ製品は、全世界で一日に「16億杯(1杯237mlとして)」飲まれている。
・自動販売機の数は約98万台
・1日に2000万人の人が自動販売機を利用する。



「 I feel Coke !」な一日だった。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:24 │北海道の遊び場

削除
コカコーラ工場の見学に行ってみた