さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のキャンプ!

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2016年08月11日

洞爺湖の湖畔の静けさと美しさ 財田オートキャンプ場



大自然に囲まれて。
ゆっくりと過ごす真夏の日。
「とうちゃん」の人生で大切な糧の一つ。




【財田オートキャンプ場】

湖畔の静けさと自然まるごと体験。

洞爺湖の温泉街がある洞爺湖南岸から約20km離れ、外国人や道外からの観光客は、ほとんど
見かけない北岸にある自然豊かなキャンプ場。


【「息子」だって、大事な戦力】

訪れたのは平日だけど、さすがに夏休み真っ盛りだけあって、オートキャンプスペースは空きが
埋まっていた。
でもね、一件あたりのスペースが広く、隣との距離があるのでプライベートが確保され、北海道
らしい充分に快適なキャンプ環境を楽しむことができる。

オートキャンプスペースからトイレが遠く数が少ないのが、ちょっと面倒なところ。
水場の数は、多いので不便を感じることはなかった。



【キャンプ場内から望む洞爺湖】


【水辺の生き物を狩る「息子」】

財田キャンプ場には、子供達が遊ぶ遊具が少ない。

遊具で遊ぶなら、どこの公園でも可能だけど。
自然豊かな洞爺湖の岸辺で、湖に住む生物を探したり、水遊びをすることは、なかなかできるこ
とではない。
無駄に遊具を作らず、自然で勝負するキャンプ場のコンセプトが
素晴らしい!



【朝もぎトウキビの直火焼き】


【香ばしいトウキビとジューシィースペアリブ】


【地物 噴火湾のホタテ】

北海道でバーベキュをするならば。
「とうちゃん」一家の必須メニュー「朝もぎトウキビの直火焼き」


焦がすくらいに焼いた香ばしいトウキビ。
焦げたんじゃないか?っていうくらいに、しっかり焦がすのが美味しいことに気づいた。

焼き加減が難しいスペアリブに挑戦してみた。
表面を強火で焦がし、アルミホイルで包んで蒸し焼きにする。
最初の試みにしては、非常に上手にできたと思う。

普段、あまり食べることがないホタテだって。
土地の恵みをいっぱいに受ける噴火湾の新鮮なホタテ。
贅沢に炭火で半生に焼いて食べる幸せは、北海道に生きる喜びだ。


【洞爺湖の夕暮れ】

ファミリーが多いキャンプ場なので、宴会などで騒ぐ人たちはいなかった。
もちろん、キャンパーが多いので、夜といえども多少の騒ぎ声はやむえないところ。

シャワー施設もあるけれど。
せっかくならば温泉に入浴したいと思うのが当然だ。
でも残念ながら、近くに魅力的な温泉施設がない。

「洞爺村いこいの家」が車で10分程度のところにある。
明るい時間に訪れたなら、洞爺湖を望む素晴らしい景色を眺めながら入浴できただろうけど。
残念ながら、夜は湯船がひとつだけの寂しい温泉となる。
しかも、シャンプーやボディソープは備え付けられていないので持参する必要がある。
事前に分かっていたら持参したのになぁ。




天気良し!気温良し!環境最高!
三拍子そろった4年ぶりの「とうちゃん」一家のキャンプは、大成功だった。
今まで訪れたキャンプ場の中でも、非常に使い勝手の良く、周辺に観光スポットの多い楽しい場所だ。
設備も充実して、客層も良いので、初心者・家族連れも安心して利用できるキャンプ場。

「とうちゃん」のお気に入りスポットに登録だね。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村  


Posted by 「とうちゃん」 at 12:37Comments(0)北海道のキャンプ!