さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のイベント! › 熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

2011年08月31日

熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

楽しかった函館科学祭りの最終日。
今日は、函館市民会館で「科学」を体験している「とうちゃん」一家。


「青少年のための科学の祭典 1」
「青少年のための科学の祭典 2」
(同じく、市民会館にて開催されたイベントです。)



あれ??この可愛らしい声。
どこかで聞いた事があるぞ?



熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

【レゴカップ】

白い道を走るためのセンサー、そしてタイヤを動かすモーターは、みんな共通。
それ以外の部品をレゴブロックで組み立てて、コース1周のタイムを競うイベント。

それにしても、親切丁寧に組み立て方を教えてくれる、可愛いお姉さん。
科学では解明できないほど「声が可愛らしい」

「おかあさんといっしょ」で歌のお姉さんだった「はいだしょうこ」さんの声にそっくりだ。
なんとも言えない甘酸っぱさを感じるヴォイス。

科学の壁を超えて、「とうちゃん」的にも、「息子」的にも、思い出に残る出来事だった。

熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

        熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

肝心の【レゴカップ】は、行列ができるほどの大盛況のブース。
参加者も多い中、息子の作成した「ビンビン号」は4位と大健闘!




【親子で体験 ホバークラフト】

熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

「かあちゃん」と「息子」を乗せても、まるで意に介さない強気な「ホバークラフト」
コレを学生さん達が作ったんだね。
なかなかシュールな乗り心地に、息子が「ホバークラフト」から落ちそうになっていた。



たどたどしいハサミの使い方が、なんとも可愛い息子は、
【ペーパークラフト】作りに挑戦中。

・・・・・まぁ、5歳には難しいよね。
ほとんど「かあちゃん」が作っていたみたい。

熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」





【チビロボ】【自転車発電】【イカキャッチャー】など、
学生さん達が、この日のために作成したと思われる機器類が並んでいる。


熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」

熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」



凄いね。自分より20歳近くも若い人たちが作り上げる機械に、軽い嫉妬を感じる。

「とうちゃん」、モノ造りが好きだと思う。
この1週間、楽しくって、そして人生にちょっと後悔を感じてしまった。


息子は、何に興味を持つかは分からないけど、
心から好きになれる何かを見つけてほしいと思うし、
函館の科学祭りのようなイベントには、今後も積極的に連れて行きたい。


早くも来年の「函館科学祭り」が楽しみな「とうちゃん」でした。



PS.函館高専の学生さん、コレからも頑張ってね。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道のイベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(北海道のイベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
熱意溢れる学生達の「函館高専メカニズムフェスティバル」
    コメント(0)