さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた

2011年11月12日

過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた


【道路元標】

なんて切ない言葉の響きだろう・・・

存在の感じ方は、人それぞれ。
「道路元標」を路傍の石と思う人もいれば、宝物のように愛でる人もいる。

「とうちゃん」は、間違いなく後者に属する人間だ。
道路元標が「とうちゃん」の生活に与えた影響は計り知れない。


日本の道路元標は大正9年施行の旧道路法施行令によって、
東京市を始めとして、全国の市町村に各1個が設置された。
道路元標の施設総数は当時の市町村数に等しく12,244基。


その後は道路拡幅や都市開発、バイパスなどの開通などによって多数亡失、 現存する数さえ把握されていない。
現行の道路法(昭和27年施行)では、道路元標は道路の附属物とされているだけで特段の規定はない。
そのため道路の起終点は、道路元標と無関係に定められており、その設置義務や設置の目的が失われた。




函館市にも、「道路元標」らしきものがあるけれど、これが結構面白い。

過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた



もちろん国道には、起点と終点がある。
では、どういう基準で起点と終点が決まるのか?

地方都市と地方都市を結ぶ国道は、目的等を考慮しつつ、概ね大きな都市が「起点」となるケースが多い。

道都である札幌に至る道路は、基本的に札幌が起点になる・・はずだけど。


国道5号。

起点は函館にある。
言葉を付け足すと、函館を経由して東京を目指している。

それが一桁国道(1号〜9号)というものだ。



ちなみに旧道路法時代には、国道4号(現在の5号)以外にも東京に続いている国道があった。
東京から第7師団に通じる道「国道43号」
それが現在の国道○号と○号を指しているのかは、後日のブログのネタにするかな。
この話にも、けっこう面白い歴史が隠されている。




過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた

現在、モニュメントとなっている函館市の「道路元標」っぽいものは、JR函館駅の向い、
国道5号、278号、279号の起点の中心に埋められている「道路元標」のレプリカだ。

これが設置されたのは、新道路法が施行された昭和27年のさらに翌年。
つまり、旧道路法によって設置された「道路元標」ではない。

そして旧道路法によって、大正9年に函館市に設置された「道路元標」は、
東京から札幌市に至る旧国道4号の北海道における起点「旧桟橋」にあった。
この「道路元標」、現存するのかについては未確認。

このブログを書き終えたら、さっそく自転車で行って探してみようと思っている。
無いとは思うけど、見事に見つけられたら・・・ロマンだね。






にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



なお、函館市の基坂にある(あった?)「元標」は、
道路の起点ではなく里数を計るための元標であることを「とうちゃん」は、あえて強調したい。


そして、北海道とは関係がないけれど!

過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた

過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた


辛抱できなかったので「日本国道路元標」を見に行ってみた!(昔にね。)

日本橋の中央にあった道路元標は、東京都電本通線の架線柱として使用されていたが、
都電廃止後1972年の道路改修に伴い日本橋の北西側袂に移設された。
そして東京市道路元標があった場所には、50cm四方の日本国道路元標が埋め込まれた。
その文字は佐藤栄作によるものである。

あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:35│Comments(0)LOVE 函館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
過去に通じる栄光の扉「道路元標」を調べてみた
    コメント(0)