さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館港「万代埠頭」で魚釣りをしてみた

2011年08月24日

函館港「万代埠頭」で魚釣りをしてみた

連日の好天、「とうちゃん」一家は、元気にアウトドアなう


今日は「函館港の万代埠頭」付近で、竿を投げてみる。




青い空に向かって、投げる竿。
たとえ魚が釣れなくても、気分は爽快になる瞬間・・・・



なんだけど、今日の釣りは、とっても忙しかった。





開始から1分で釣れ始めた。
最初の1匹は「ハゼ」だった。
早速釣れてくれた「ハゼ」様。
ただでさえ愛嬌のある顔が、いつも以上に愛らしく感じる。





休憩する暇がない。

「せっかくのんびりと、釣りを楽しむつもりだったのになぁ」

と、ニヤニヤしながら呟いてみたりもする。



水面には、キラキラ輝く「細魚(サヨリ)」が群で泳いでいる。
「息子」と「かあちゃん」が、コレを狙って竿をおろすと・・・・





「ふぐ」・・・「ふぐ」「ふぐ」「ふぐ」「ふぐ」・・・・

釣っても釣っても「ふぐ」
小型の「ふぐ」が2、30匹は釣れたね。
どうせなら「チカ」とか「イワシ」とかを釣りたかったんだけど。


40分くらいで、準備していた餌が無くなった。
その代わり、バケツには、たくさんの魚達。





そんな訳で、食べれる魚以外はリリース。
いつもはリリースしている「ハゼ」も、コレだけ(9匹)釣れると持ち帰って食べる事にした。







知っていますか?【ハゼの捌き方(とうちゃん風)】

ウロコを、取り除く。
首の皮1枚残して頭を落とす。首の皮1枚にロマンを感じるのもやむ得ない。
肛門から首まで、切れ目を入れる。
残した首の皮ごと、内蔵をスッキリと取り除く。
背骨に沿って切れ目を入れて、手で捌きつつ、骨を取り除く。




コレを天婦羅にして、美味しく頂いた。
ふっくらした白い「ハゼ」の身。
こんなに美味しかったんだ。
ただし、小さい割には骨が硬いので、下ごしらえの段階で、もっと丁寧に骨を取り除けばよかった。


そして、今までリリースしていた「ハゼ」達に言いたいことがある。

「もどっておいでよ」


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:22│Comments(2)LOVE 函館
この記事へのコメント
逃がした魚は…ってやつですね
Posted by 青ゲーヒー at 2011年08月24日 22:14
そうなんですよ・・・
みんな逃がしちゃったんですよね。
Posted by とうちゃん at 2011年08月24日 23:04
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館港「万代埠頭」で魚釣りをしてみた
    コメント(2)