さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 海を渡って › 炭鉱からハワイへの見事な転職 いわき市

2015年12月27日

炭鉱からハワイへの見事な転職 いわき市


日本のハワイ!いわき市「スパリゾート・ハワイアンズ」

「とうちゃん」一家は、クリスマス休暇に3年連続3回目の入場を達成しました。

クリスマスでカップルが燃え上がる情熱のハワイアンズに、遊ぶ気満々。
ウキウキワクワクと家族で切り込んでいく姿は、まるでドンキホーテのようでもある。
いちゃいちゃのカップルに、かかる多少の水しぶきは偶然であり、他意は無い。




ハワイアンズも3回目の宿泊となると、過ごし方のコツがつかめてくる。
あまりのスパの大きさに圧倒されて、右往左往していたのは2年も前の話だ。

宿泊歴3回の「とうちゃん」が、経験から得た効率的な過ごし方を少々。

1.宿泊者用出入口近くの300円出入れ自由のロッカーに貴重
  品やカバンを!(使用後に100円リターン!)
2.スライダー1日券は、二日目に。朝の30分で元を取れ!
3.モノリスタワーの大浴場が、かなりオススメ!


特に3番目については、あまり知られていない情報で、「とうちゃん」も今回初めて知ったこと。
雰囲気もよく、お湯も温めで、アメニティも充実、洗い場も綺麗で空いている。




宿泊者には、サンダルと女性はムームー、男性はアロハが貸し出される。
もちろん、子供用のアロハやムームーもあるので安心だ。

この館内着が、入場チケットの代わりとなるシステムが便利だね。
いちいち入場券を提示しなくても良いし。
しかも、館内着とタオル、サンダルはチェックアウト後も利用OK!
おかげで、荷物が少なくて済むのが、とっても嬉しいところだ。




「ウォーターパーク」内の常設会場「ビーチシアター」では、フラガールによる公演が昼夜1回
ずつ行われている。
可愛らしい女性によるフラダンスもいいけれど、火棒を両手で回すポリネシアンダンスが盛り上
がるね。
まぁ、盛り上がり方にも色々あるってことで。

もちろん迫力満点の有料席で楽しむのも良いけれど、プールに重点を置く「とうちゃん」一家は
無料席で観覧している。




冬のハワイアンズの辛いところの一つが、4階にある屋外スパまでの廊下が寒いことだね。
「とうちゃん」は、奥歯をガタガタと鳴らすほど寒がっているけれど、「息子」は平気そうだ。
「かあちゃん」も奥歯ガタガタだったので、寒いことには間違いなさそうだ。

そんな寒く過酷な廊下を駆け抜けると待っているのがホットスパ!
地上に天国があるとしたら、ここハワイアンズの4階だね。
ホットスパはとても広く、バブルを活用した色々な施設があり楽しいんです。
青い空を眺めながら、ぬるいお湯にいつまでも浸かり過ごすひとときはプライスレス。




夕食バイキングも美味しかったなぁ。
ロブスターフェアが催されていたため、ロブスターの炭焼きを半身もいただくことができた。
デザートも含めて用意されている食事の種類も多く、子供専用コーナーもあるのが嬉しい。
わたあめ機には子供達の行列ができている。





江戸時代の雰囲気がある世界最大の大露天風呂「江戸情話 与市」
浴場面積1,000mで、ギネスに認定されたほど広い風呂。
湯温が高めで、温泉だけに遊ぶこともできない「息子」には不評だったかな。





上の写真は、スパリゾートとスパが建設される前に設置されていた常磐炭田の施設を重ねた地図。
ハワイアンズは廃坑施設に建設された施設だったことを初めて知った。

本州で最大かつ東京に最も近い炭鉱で、明治初期から開発が始まり、主幹産業として発展した。
石炭採掘がはじまると、坑内から温泉が多く出水した。
このことは地底の温泉脈が破壊されたことを意味し、1919年に温泉の地表への湧出は止まってし
まったが、炭鉱側との協議により温泉が復活することができたのは1942年である。

石炭から石油へのエネルギー革命が進み、石炭産業は衰退していくことになる。
でも、首都圏から近い地の利を生かし、工業都市として発展するとともに、観光都市としても発展。
スパリゾートハワイアンズでは、従業員、ダンサー、バンドメンバーには、炭鉱従業員とその家族
を採用するなど、失業した炭鉱従業員・家族に雇用の場を与え、生活支援をするという側面もあっ
た。

炭鉱が多かった北海道でも、これだけ石炭産業から他の産業に展開した例って「とうちゃん」が知
る限りではない。


スパも面白かったけど、炭鉱からハワイアンズ成功への歴史も素晴らしいね。


参考:wikipedia、スパリゾートハワイアンズHP


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(海を渡って)の記事画像
幽玄に輝く漆を磨きあげる喜び 彦根市「ほんまもん体験」
夢のキッザニア! 大人だって遊びたいのに!
国宝 彦根城天守閣と「井伊の赤備え」に感じる思い
風林火山が夢のあと 甲府市
大興奮! 樹から樹への綱渡り 長柄町
日本一の武蔵の塔 東京スカイツリー
同じカテゴリー(海を渡って)の記事
 幽玄に輝く漆を磨きあげる喜び 彦根市「ほんまもん体験」 (2017-02-05 14:47)
 夢のキッザニア! 大人だって遊びたいのに! (2016-06-26 08:29)
 国宝 彦根城天守閣と「井伊の赤備え」に感じる思い (2016-06-25 19:37)
 風林火山が夢のあと 甲府市 (2016-02-20 08:24)
 大興奮! 樹から樹への綱渡り 長柄町 (2016-02-14 07:08)
 日本一の武蔵の塔 東京スカイツリー (2016-02-11 17:30)

Posted by 「とうちゃん」 at 07:17│Comments(0)海を渡って
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
炭鉱からハワイへの見事な転職 いわき市
    コメント(0)