さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 不漁が続く函館で 生け簀イカを堪能

2012年11月19日

不漁が続く函館で 生け簀イカを堪能


 先日、テレビのニュースを見ていると。
 この秋、函館市のイカの水揚量が、大変減少しており、卸値が昨年の2倍ほどに高騰しているらしい。

 原因は、海水温の上昇にあると、専門家達は考えている。
 イカに適した水温が18℃〜22℃で、今年の記録的な残暑により函館近海の海水温度が上昇し、函館
近海からイカを追い出してしまった。
 もちろん、不漁があれば豊漁もある。
 今年は知床羅臼のイカが、記録的な豊漁になっている。






 つい先日、函館朝市にある活イカ釣りができる店に立ち寄った。
 「とうちゃん」は、早朝サイクリングをした時、おにぎりを片手に1人で立ち寄ることもある。
 今日は、遠くから来ていただいたお客を案内がてら、活イカ釣りに立ち寄ってみた。


【函館朝市】
 
 活イカ釣りは時価で、日ごとに値段が異なる。
 この日(11月11日)は、810円
 思っていたよりは、高くない値段が設定されていた。
 時期によっては、1000円以上の値段が付けられる時期もあり、お客連れで810円は「とうちゃん」
的に高くないと思える値段。
 時期によっては、500円台の値段が設定されていることもある。

 
 イカを釣り上げるのは、遠くから来たお客じゃなくって、もちろん「息子」。



 生け簀イカ釣りでは、耳に張りを引っかけるのがポイント。

 四苦八苦の末、釣り上げる「息子」。 
 湧き出る愛嬌、振りまく笑顔、周囲の観光客達もカメラを向けていた。


 見事な手つきで裁かれていくイカ。



 切り取られた内臓を求めて立ち上がるのは、イカゲソ。
 切り裂かれた身は、元の形を保とうと丸まろうとする。
 身を包み込む皮は、危険を感じているのか?刻々とその色をキラキラ変化させていく。



【捌く人により、盛りつけ方、捌き方が変わるのも面白い】
 
 あっという間に、美味しそうなイカ刺しができあがる。
 透きとおるイカの身。
 動くイカゲソは、醤油に付けると緊張して身を強ばらせる。

 それが、また良い食感を生むんだけどね。




 それにしても、綺麗な刺身だ。 
 新鮮な朝イカは、確かに美味しいけれど。
 命の痕跡を多分に残す生け簀イカは、これまた別次元の美味しさだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:39│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不漁が続く函館で 生け簀イカを堪能
    コメント(0)