さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 廃線となった松前線の遺構を偲んで

2012年09月30日

廃線となった松前線の遺構を偲んで

 函館市から松前町に向かう途中に。
 突然に目に飛び込んでくる、中途半端にクラシカルな風景は、ロマンチックに印象的だ。


【櫃の下川橋梁】

 廃止されたであろう線路の高架橋脚が、風景に刻み込まれている。
 この雰囲気が、とっても大好きなんだよね「とうちゃん」。

 【廃線】で残された風景には、物語があると思うんです。

 いつ頃、どのような人々が、どんな目的で作ったんだろう。
 血と汗と金が染み込んだ線路が廃線になる理由とは?





 【松前線】
 木古内町~松前町を結んでいた旧国鉄の路線の一つ。
 明治43年、鉄道敷設の期成会が設立され、大正2年にはセメント工場がある上磯まで開通。
 上磯以降は、昭和2年に起工となるも産業優先の世情からも工事の進捗がはかどらず。
 昭和16年頃から、松前の奥地に眠るマンガン鉱山輸送路確保の為にも、国策として秘かに松前まで
の工事再開準備が進み始める。
 昭和28年に松前駅までが開通し、全長50.8kmとなる。
 一時は、青函トンネルに接続される話もあったが不成立。
 松前駅まで開通してから、わずか35年しか運行されずに昭和63年、未成区間を残しつつ廃止された。


【松前駅 跡地】


 松前駅跡地で、周辺の地形についてGoogleマップで確認。
 配線されて25年近い年月が経過しているにも関わらず、地形から線路が敷設されていた場所を推測す
ることが出来る。
 土地に染み込んでいる記憶を垣間見る瞬間、これが面白いんだよね~。

 地図で線路のルートを考えていると、ちょっと理解できない場所がある。
 福山城周辺のラインだ。
 前後の地形から考えると、福山城跡に敷設しているような気がしなくもないけど・・・。
 まさか、城郭跡地に線路を通すなんて、あり得るのだろうか?

 「旧松前城」に向かう途中、横から見ると石垣のように見える構造物を見て、その謎が解決した。




 トンネルだ!
 城郭跡地の地下をトンネルでぶち抜いているんだ。
 すげぇぇ~。


 今の時代の感覚で考えると、ちょっとあり得ないよね。
 明治政府により取り壊される扱いを受けた「福山城」。
 きっと、そんな感覚も残されていたのかな?

 時間の流れって、本当に面白い。



【参考】 松前町史、wikipedia

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎 (2016-05-17 06:46)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
廃線となった松前線の遺構を偲んで
    コメント(0)