さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › マリア様がささやいた?「茶房 無垢里」の甘いもの

2011年11月28日

マリア様がささやいた?「茶房 無垢里」の甘いもの

マリア様に導かれて・・・
フラフラと訪れてみたのは函館元町にある「茶房 無垢里」







威厳すら漂う古風な建物。


ずっと訪ねてみたかったけれど。

「とうちゃん」のような一般人が訪ねるのは、恐れ多い気がしていた、
でも、何かに後押しされた気がしたので、思い切って敷居をまたいでみた。


木造の母屋は、見かけによらず昭和初期に建てられたらしい。
そして蔵は、築100年を超えているとのことだ。

「茶房 無垢里」の斜め向かいには「旧相馬邸」があるが、蔵と関係ありそうな気がしなくもない。








過ぎた時間が、大切に保存されているかのような店内。
メニューよりも店の雰囲気が気になる「とうちゃん」。

よく見ると、蔵の入り口にロザリオが飾られている。
これがロシア正教のロザリオだったら、「とうちゃん」的素敵ポイントMAXなのに。





蔵の扉に見惚れていると、扉の蝶番に・・・マリア様、発見!
もしかして、「とうちゃん」に囁いたマリア様なのか?

メニューを開くまでもなく、優しい時間が持つ雰囲気に満足。






メニューの内容は、
甘いところでは、抹茶せっと(800円)、田舎しるこ(650円)、ケーキセット(800円)
しょっぱいところでは、おでん盛り合わせ(900円)、キノコスパゲティ(900円)など

「とうちゃん」は、クリームぜんざい(680円)、
「かあちゃん」は、田舎しるこセット(850円)、
「息子」は・・・・その両方をいただいた。







【クリームぜんざい】
いいわぁ~。
このアンコが、特に素晴らしい!
一粒一粒がふっくらと炊きあがり、小気味の良い歯ごたえが残されている。
雑味も感じず、甘すぎず、いくらでも食べれるアンコにLOVE





【田舎しるこ】
もちろん、使用しているアンコがいいねぇ。
香ばしく焼けた餅も良い感じ。





いくらでも食べれちゃいそう・・・な、食欲を見せる「息子」。
クリームぜんざいも、田舎しるこも、半分以上「息子」が食べた気がする。
どうやらマリア様の加護は「息子」に与えられたようだ。


「息子」の成長と胃袋の隙間が、やけに寂しく感じる「とうちゃん」でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:29│Comments(0)LOVE 函館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マリア様がささやいた?「茶房 無垢里」の甘いもの
    コメント(0)