さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › その他 › 地震について真剣に考えてみた

2011年03月12日

地震について真剣に考えてみた

はい。

地震の恐ろしさを甘く考えて過ごした、35年間の人生を反省する。
テレビから、次々と放映される被災地の状況。

自分の知っている常識を超える災害。
現実感が実感できない、映画のような災害。

被災された方々に対して、心からお見舞いを申し上げます。


今後の復興に対して、個人的にどんな援助ができるかは、改めて考えていくとして、
まずは「家族で防災」について話し合った。

・離れて行動している場合、どこに避難するか。
・連絡を取る方法と連絡先、災害伝言ダイヤルの使い方の確認。
・避難する時間に余裕がある場合、何を持ち出すか。
・家の中の危険ポイントの改善

・・・などなど。
なんとなく「準備は大事だね」「危ないね」と思いつつ、何もしてこなかったのは今日まで。



あわせて「地震」についても調べてみた。


(画像は内閣府防災情報HPから頂きました)

北海道の「揺れやすさマップ」。
揺れやすいところが、人が集まりやすい平坦な土地に多い事に驚いた。
札幌市はもちろん、岩見沢市,千歳市、恵庭市など札幌近郊の大都市も、揺れやすいらしい。

やはり釧路地方は揺れやすいんだね。
意外なのは、宗谷地方の豊富町周辺、サロベツ原野かな?揺れやすいんだね。
以前、稚内市に住んでいたときに、地震が発生した記憶が無いんだけど。



「北海道の活断層」(画像は地震情報サイトJISから)

1. 標津断層帯
2. 十勝平野断層帯
3. 富良野断層帯
4. 増毛山地東縁断層帯
5. 当別断層
6. 石狩低地東縁断層帯
7. 黒松内低地断層帯
8. 函館平野西縁断層帯

8番の活断層って、函館市が真っ二つ?なのかな。
もしかしたら新千歳空港付近にも、活断層が走っているのかもしれない。
オホーツク、宗谷地方には一つもない。




【世界の震源分布とプレート (M5以上)】(画像は地震情報サイトJISから)

このような資料を改めて見てみると、少しだけ恐怖を感じてしまう。
ユーラシアプレートの最東端に位置する日本の周辺には、
フィリピン海プレート、太平洋プレート、北米プレートなどのプレート接し、
M5以上の赤い点で、日本国が埋もれている。

まさに「地震大国」である事を、証明する資料だ。



データが大きいのでリンクを貼ります。

今後30年間に大きな地震が発生する確率は?
(地震調査研究推進本部HP)

日本のどこにも安全な土地なんか無いような気にさせて資料。
この資料を見ると「オホーツク地方」「宗谷地方」が地震の直接的な被害は少なそうに思える。

でも、津波と流氷が同じ時期に発生したらどうなるんだろうって、ネガティブに考えてみた。




有史以来観測された中で最大規模の地震って、なんだか知っていますか?


答えは。

「1960年5月22日に発生した「チリ南部地震(M9.5) 」

死者、行方不明者は、2,200人~5,700人で、一説には1万以上とも言われている。
その地震により発生した津波は、最大で24mにも達したらしい。
その津波は、地球の裏側の日本にも達し、高さ6mで死者行方不明者140人以上。

「チリ南部地震」は、前震がマグニチュード7.5で始まり、
マグニチュード7クラスの地震が5~6回続いた後に、本震がマグニチュード8クラスで発生した。
また余震もマグニチュード7クラスであったために、首都サンティアゴ始め、全土が壊滅状態になった。







本当に被災された方々に対して、心からお見舞いを申し上げます。
がんばってください。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(その他)の記事画像
帰ってきたぞ!北海道
揺らぐ「海月」 魅せられる「息子」
ブログを書き続けた日々を振り返って
黄金色に輝くイチョウの果実と足の悪臭
カブトムシの幼虫を里子に出したいけど・・【函館市】
子宝に恵まれたカブトムシ夫婦の物語【函館市】
同じカテゴリー(その他)の記事
 帰ってきたぞ!北海道 (2016-04-22 21:35)
 揺らぐ「海月」 魅せられる「息子」 (2013-08-05 23:24)
 ブログを書き続けた日々を振り返って (2012-12-29 05:26)
 誕生日は ラッキーピエロで盛大に! (2012-12-23 22:49)
 黄金色に輝くイチョウの果実と足の悪臭 (2012-11-30 05:53)
 カブトムシの幼虫を里子に出したいけど・・【函館市】 (2012-10-21 09:16)

Posted by 「とうちゃん」 at 23:34 │その他

削除
地震について真剣に考えてみた