さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › イベント! › 溢れる科学「青少年のための科学の祭典」 2

2011年08月30日

溢れる科学「青少年のための科学の祭典」 2

【「青少年のための科学の祭典」 1】は、コチラです。



会場に響き渡る、乾いた炸裂音
突然鳴り響く、その音。毎回のように「ビクッ」って体が反応する。

気分は「無法地帯の開拓時代のアメリカ西部」だね。

音源は「アルコール鉄砲」





フィルムケースに、アルコールを塗る。
気化したところで、ライターの発火装置によって燃焼させる。
その爆発を利用して、ケースの蓋を飛ばすという簡単な仕組み。

オモシロいけど、その大音量のせいで小さな子供達には不評だったかな?




ホウ酸、洗濯のりなどを混ぜ合わせてできる「スライム」





気持ちいいんだよね、これを揉むと。
しかも、ナマでね。

レシピも教わったし、家で大量生産してみるかな。




「電池」について勉強してみた。
果物、鉛筆、炭などの身近なモノを利用して、電池を作っちゃうコーナー。

まぁ、これも対象年齢は高めだね。




銅と亜鉛を使用した「ボルタ電池」は、「とうちゃん」も初めて見た。
こんな簡単な設備で、電気が流れちゃうんだね。

このブースにいた素敵なお姉さんが笑顔で教えてくれた。

「乾電池とか分解すると楽しいですよ!」

・・・・分解しちゃっても、良いのですね。
分解は大事だよね







「液体窒素」を使った実験ブースは、迫力満点!







アジサイの花を凍らせて、手で砕いてみたり、
空気を凍らせて、青く残る「液体酸素」に磁石を近づけてみたり、
ゴムボールを凍らせて、落として砕いてみたり。

とても日常では体験できない事ばかり。
サクサク砕かれていくアジサイの花に、思わず息子が目を丸くしている。

凍らせたマシュマロも食べてみた。
本当に不思議な食感だ。
初めはサクサクしていたのに、いきなりネットリとしてマシュマロに戻っちゃう。

「液体窒素」が欲しいです
コレを使って料理をしたら楽しそう!
どこかで売っていないのかな?





空気の流れが分かる「ストロー鉄砲」を作ってみたりもできる。




空気の流れに引きずられる糸の動きがオモシロい。
・・・けど、息子、よだれを吹き込んだので、糸が動かなくなっちゃったし。



「輪ゴムでポン」っていう、紙と輪ゴムで作ることができる簡単なおもちゃ。

こういう簡単な仕組みのおもちゃ、イイよね。
5歳の息子でも、その仕組みと輪ゴムの力を理解できちゃう。






生きている貝の中身を覗けるブース。
食べ物を捕まえる触手、鞭毛の動き、貝の呼吸などを顕微鏡で確認できる。

「とうちゃん」の感想は、「美味しそうだね」の一言に尽きるね。





「手作り熱気球」のブース

自分の好きな絵を描いた気球が、炎の力で空気に浮かんでいく。
これは、夢に溢れている。

ちなみに息子の気球は、下の写真を見てもらえれば一目瞭然だけど、
「ポケモン」だ。

ピカチュウとかが可愛らしいね・・・ね!

これは、晴れた日の野外で飛ばしてみたくなる。
5分ほどで作成できちゃうくらい簡単な仕組み。







この「青少年のための科学の祭典」は、10:00から開場だった。
足早に各ブースを周り、見終わったのは14:00。
さすがに疲れちゃった。

でも、会場のスタッフさん達。
本当にありがとうございました。

これだけ、親切に接してもらえるイベントには、なかなか巡り会えないですよ!
笑顔がステキなみなさんの、おかげでとっても楽しい時間を過ごす事ができました。
「とうちゃん」の科学心が大きく育ったのは間違いありません。


これだけ新しく非日常の世界を次々に見せられる息子。
どんな気持ちで見ているのだろう。
せめて、何かを感じ取ってほしいと思う切ない
「とうちゃん心」


でもね・・・。
この後は、さらに「函館高専メカニズムフェア」を探検してみる。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(イベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(イベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:06│Comments(2)イベント!
この記事へのコメント
電池のコーナーにいたお姉さんは美人できょにゅーでした!
Posted by キトラ at 2011年09月06日 20:52
はい!キトラさん。
こんばんは〜。
大きな声では言えないけれど、
心の中で、私もきょにゅーって思っていましたよ。

もちろん興味の大半は「電池」でしたけど・・・?
Posted by とうちゃん at 2011年09月06日 22:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
溢れる科学「青少年のための科学の祭典」 2
    コメント(2)