さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 田植え〜脱穀まで 口にする新米の旨さ!

2012年11月01日

田植え〜脱穀まで 口にする新米の旨さ!

 5月27日に稲を植えて。
 草を刈り、収穫して天日に干す。

 そしていよいよ籾殻を取り除き、玄米を手にする時が来た、吹く風も冷たい晩秋の函館市。



 天日で干された精米したての「ふっくりんこ」
 いったい、どんな味がするのだろう。
 脱穀作業よりも、新米「ふっくりんこ」が気になりすぎて、作業が手に付かない。


【脱穀作業に勤しむ「息子」】



 
 昔ながらの足車式って言うのかな?脱穀機を使用しての作業。
 物珍しさに群がる子供達と「とうちゃん」。
 稲に残る籾「もったいないなぁ〜」って思っていたら、おじさんが教えてくれた。

 「熟していない米は、脱穀されないからしょうがないよ。」

 なるほど〜。
 熟していないからこそ、脱穀されないんだ。
 頭では理解できるけど、なんかもったいない気が・・・。

 
 作業と写真撮影に勤しむ「とうちゃん」。

 作業参加者が著しく減っていたことに気がつかなかった。
 すでに新米が炊きあがり、そちらに参加者が群がっているという事実に。





   
 ビニールテントに駆け込み、艶々ピカピカ炊きたて熱々の「ふっくりんこ」。
 第1印象は・・・・想像していた以上にね、ごはんの量が多いこと。
 世間一般のご飯1膳は、こんなに多いんですね。
 
 味の印象は、美味しいけれど家で食べている新米「おぼろづき」も十分に美味しい!
 流通が素晴らしいのか、加工が素晴らしいのか、それとも「とうちゃん」の味覚が鈍いのか。
 
 まぁ、十分美味しかったと言うことで。
 付け合わせの漬け物、味噌汁も美味しかったし。
 それだけで満足です! 


【今年の配分は少なめ?らしいけど】


 新米を試食して、米の配分が終了すると、ほとんどの方々が帰ってしまった。



【稲の中に混ざる藁やゴミを取り除く作業】



 


【籾殻(もみがら)をはずす作業「ダップ」】


 結構時間がかかる作業なんですね。
 だんだんと生米の香りが漂ってくる。
 ようやく「米を収穫できたんだなぁ〜」っていう気持ちになった。

 後で知ったことだけど、現代的な農業では、コンバインが刈入れから脱穀、籾殻と種の選別まで一気
にやってしまうんですね。

 手作業で米の収穫作業を行っていると、機械の便利さが良く理解できる。


 

 函館市亀尾ふれあい農園のスタッフさんには、大変申し訳ないけれど、半年間、たいした仕事はして
いない「とうちゃん」一家、生意気にも米を栽培した気分に浸ることが出来ちゃいました。
 
 機会があれば、来年は「蕎麦栽培」に参加してみたいな〜。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:42│Comments(0)北海道の遊び場
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
田植え〜脱穀まで 口にする新米の旨さ!
    コメント(0)