さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 「江別河川防災ステーション」に行ってみた

2010年11月11日

「江別河川防災ステーション」に行ってみた



江別市国道12号にある「江別河川防災ステーション」。
今まであまり気にもしていなかったが、トイレ休憩に立ち寄ってみた。




なんだこれは?と思い2階に上がってみると、
かつて、石狩川を航行していた外輪船「上川丸」(1889年(明治22年)東京石川島造船所で造られ、総トン数60トン、長さ23.3m、幅4.1m、67馬力、定員60名)。



思いもよらない展示物発見。
開拓神社のお導きに違いない。
実際に見た「上川丸」は、思っていた以上に大きかった。
石狩川とは、昔からこれだけの規模の船が運行するすることができるほどに、大きかったんだと再認識。



防災ステーションの2階には石狩川に関する、色々な資料の展示がある。
当時の江別市王子付近のジオラマが展示されており、その中では「上川丸」が航行している。
石狩川には、増水期に上流から流されてきた木材で溢れている。

それを製紙工場の平場に揚げているジオラマ。




なるほど・・・こんな感じだったんだ、当時の江別は。
大河に挟まれる「太」が舟運時代に栄えないわけがないなぁ、と納得する展示。


ちなみに我が子はジオラマの中の「蒸気機関車」に乗っている自分をイメージし、「汽笛」を鳴らし続けていた。
まぁ、他に客がいないからいいんだけどね。





売店ではレンガをモチーフにした「えべちゅん」が売られていた。
ニワトリっぽいところには、どんな意味があるんだろう?





「北のレンガパン」



わかるよ。レンガの町だもんね。
でも・・・パンっていうフワッと美味しい物に、このネーミングは・・・・ちょっとね。




防災ステーションから旭川方面に車で5分ほどで、ステキな撮影スポットがあった。



美原大橋を背景とする「石狩川」の石碑。
「石狩川」の文字の横に原子修氏の詩が彫られている。
書は北海道を代表する書家中野北溟氏。

美原大橋。

この橋に繋がる国道は完成していないので、今のところ使用勝手は悪い。
しかし、下から見上げる美原大橋は一見の価値がある。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎 (2016-05-17 06:46)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)


削除
「江別河川防災ステーション」に行ってみた