さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › イベント! › 北海道鉄道130周年記念イベントに参加してみた

2010年11月29日

北海道鉄道130周年記念イベントに参加してみた



吹雪の中を疾走する「C11 171」蒸気機関車。


エンブレムの「130」の数字が、イベントを盛り上げる。

130年前の11月28日、幌内鉄道のうち、手宮から札幌まで鉄道が開通した。
当時の時刻表は9時頃出発して12時頃札幌駅、13時頃札幌駅を出発して16時頃手宮駅。
というアバウトな感じだったらしい。


これらの写真は、博物館に展示されている、手宮駅の模型など。
130年ほど前は、こんな小樽市の手宮周辺はこんな感じだったたしい。



左上は手宮駅。奥の方で海上に伸びているのが手宮桟橋。
右上の手前の方にある、赤い屋根の建物は機関車庫で現存している部分もあり、鉄道記念物に指定されている。
左下が開通当時の高架鉄道。
右下が手宮大桟橋。意外にも昭和36年までは解体されず残されていた。
桟橋の基礎などの遺構は残されているそうなので、そのうちに訪れてみたい。



ちなみに、一番最初に手宮駅から札幌駅まで走った蒸気機関車は、1号機「義経号」ではなく、
現在は埼玉の鉄道博物館で保管されている2号機「弁慶号」。



(写真は埼玉にある鉄道博物館の弁慶号と「開拓使」の客車)



日本で3番目という、当時の最先端技術が、開拓当初の北海道に導入されたことは驚嘆に値する。
ちなみに、2年後の1882年には、現在の三笠市幌内まで開通している。

「パンツ(82)も真っ黒クロフォード」という言葉が脳裏をよぎる。
幌内炭坑まで鉄道が開通したのが1882年。当時の鉄道技師がクロフォード。

覚えていても役に立つことは、ブログを書くときくらいかな?




小樽市の総合博物館では、開拓初期の蒸気機関車「しづか号」と
最新の技術である鉄路道路両用車両「DMV」との対面イベントが開催されていた。



対面式の前にはDMVの試乗会が行われていた。



朝一の9:30頃は客も少なく、なんと我が家の貸し切りDMVとなった。
貸し切りの車内では、運転手さんとDMVについての会話も弾むアットホームな最新技術。
待ち時間無しで乗れたことも、初めてのことだった。




DMVとの対面を待つ「しづか号」。
恋人の「義経号」ではなく「DMV」。



このタイプの蒸気機関車には名前が付けられたものが、記憶にある範囲では6台ある。
義経、弁慶、比羅夫、信広、光圀、しずか。
たしか、一番最後に製造されたのが「しずか号」だったかな。







対面式の様子。
この日は4回の対面式が行われ、おそらくは一番すいているであろう1回目の対面式の様子。

このころには多くの人が入館して、博物館は結構なにぎわいとなっていた。

余談だが、この博物館の売店は充実している。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(イベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(イベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:16 │イベント!

削除
北海道鉄道130周年記念イベントに参加してみた