さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › イベント! › 札幌市「ホワイトイルミネーション」に行ってみた

2010年11月28日

札幌市「ホワイトイルミネーション」に行ってみた






1981年から始まり、今年で30周年を迎えた、初冬の札幌を彩る風物詩「札幌ホワイトイルミネーション」。

どうでもいいことだが、「ホワイト」の「ワイ」を「81年」にかけていると、開始された年を覚えやすい。





これらの写真は、毎年のように展示されるオブジェ。

スズランは札幌市民の花、ライラックは札幌市民の木って知っていた?






これは初めて見ると思う。
水辺と丹頂鶴かな。

ゆれる水面を表現した「青」が幻想的。
この景色に「白」い雪が加わったとき、さらに美しい景観となるんだろうなぁ。





毎年忘年会時期の大通で開催されるこのイベント。

目に触れない札幌市民は、あまりいないと思う。




公式HPからの要約になるが、

「夏型観光が主流の昭和56年、通年観光への脱却は観光業界にとり大きな課題。
札幌の雪まつりへのつながる初冬の新しい観光イベントの創造、この想いがホワイトイルミネーションを産んだ。
そんな折、ニューヨークのクリスマスツリーのように札幌でもイルミネーションを使ったイベントが出来ないか、
新しい観光さっぽろへの夢が大きく広がった。

「光はどこでも同じものを出せるが、これに白い色をマッチさせ、デザイン化された造形と幻想的な音源をからませる。」

こうして独創的で、かつ芸術性豊かなシンボルオブジェが制作されて、冬の札幌の夜空から、
ホワイトイルミネーションが発信された。」

開始当初のイルミネーションは1048個。
増え続けた電球は、大通公園をきれいに彩っている。



イルミネーションもいいけれど、こんな写真もいいな。





あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(イベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(イベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:30 │イベント!

削除
札幌市「ホワイトイルミネーション」に行ってみた