さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 宵闇が迫る ロマンチックな函館山を

2012年09月28日

宵闇が迫る ロマンチックな函館山を


 函館山からの夜景は、函館観光に欠かすことができない大切な観光資源だけど。
 函館に住んでいると、耳にする機会がある「裏夜景」と言う言葉。

 函館山からではなく、函館市東山、桔梗にある高台から、夜景を見える夜景の事を、そのように呼ぶ
らしいけど、函館山のシルエットが、とっても素敵なんだよね。

 観光客が行くには、ちょっとハードルが高い場所が多い「裏夜景」スポット。
 それでもレアな「裏夜景」を、ちょっとだけ味わえるが五稜郭タワー。
 

【平成24年2月29日 18:30頃 五稜郭タワー展望台から撮影】
 
 残念な事に、目線の高さが100m程度のため、函館のセクシーなクビレを確認できないけど、非常に
満足がいく景色を楽しむことができる。


 「とうちゃん」は、夜景よりも、宵闇迫る感じの時間帯、夜景になりかける街が大好き。



【平成24年9月21日17:30頃 函館市内ビルの屋上から】

 知人から格安にて、ミラーレス一眼を購入した日の帰り道のこと。
 なんて素晴らしい偶然だろう。
 見事な夕焼けに出会うことができた。

 「裏夜景」じゃない「裏夕焼」だ。
 函館山の方面に沈む夕焼けに、なにか素晴らしいワクワク感を感じてしまう。
 

 こんなワクワク感を感じてしまうと、函館元町に飲みに行きたくなっちゃうよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村 


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:04│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宵闇が迫る ロマンチックな函館山を
    コメント(0)