さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 石狩市「あそビーチ」に行ってみた

2010年06月27日

石狩市「あそビーチ」に行ってみた

この記事には、リメイク版がありますのでこちらもどうぞ!





石狩市にある、「あそビーチ」に行ってみた。
7月4日の海開きの前にもかかわらず、30度を超す気温と快晴により、早くも海水浴場は混雑状態だ。


着いた早々、買ったばかりの簡易テントを広げ、炭を起こしてバーベキュを開始した。ちなみに、この日は海産物を中心に焼いてみた。海の香りには、海のモノでしょう。


この日、一番美味しかったものは、ツブでもなく肉でもなく、1匹38円の「サンマ」だった。ビールが飲みたくてたまらなかった。



30度を超す気温とはいえ、6月の北海道の海は冷たかった。なぜ子供は平気で海に入れるんだろう?
ちなみに、「こうたん」は生まれて初めての海水浴だ。
相当、足元で動く砂と、見えない海の底に、恐怖を覚えていたようだ。


冷えた体を、海水浴場の定番である、砂埋めで温めた。
サラサラくすぐる砂を大層、気に入った「こうたん」だった。



海水浴帰りには、海水でベタついた体をサッパリするべく、「あそビーチ」から徒歩でも行ける「番屋の湯」でリフレッシュだ。

この「番屋の湯」の特徴は、湯が化石海水と言われ、1000万年前〜数百万年前の海水が、海底に降り積もった砂粒同士の間のわずかな隙間に残り、海底の海水が閉じこめられることによって生まれたと考えられているそうだ。

なかなか浪漫に溢れる泉質だ。

一番悔やまれることは、着替がなかったのでTシャツには、汗とサンマの匂いが染み付いていた事だ。
爽やかさも半減だね。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 19:57│Comments(0)北海道の遊び場
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
石狩市「あそビーチ」に行ってみた
    コメント(0)