さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のグルメ › ピザを作り続けて45年「最後の1枚」を食べてみる

2011年09月28日

ピザを作り続けて45年「最後の1枚」を食べてみる


「45年」という時間の長さを、理解することは難しい。
歴史を語るとき、10年、50年と言う単位は、決して長い時間とは言えないけれど。


「とうちゃん」は、ちょっと感傷的になっている。


45年間という長い時間をピザ作りに捧げた職人が、この日をもって手を休める事になった。
確認している情報ではないけれど、
北海道では初めて、日本でも3番目に開店した函館市のピザ専門店、

「アリタリア」のオーナーシェフ長谷川氏。






北海道のピザの先駆者として生きた人生。

日本には「ピザだけを作り続けて45年」と言える人が、どれほどいるのだろう。
作り続けられたピザは、どれほどの枚数になるんだろう?
ピザに捧げた人生の最後の1枚は、どんな味になっているんだろう。

そんな職人の最後の1枚を味わうために「アリタリア」に訪れている。





メニューに記載されている食べ物は、ピザ40種類のみ。

悩み抜いた末に注文したピザは「マッシュルームオニオン」と「オリーブとピーマン」。
不揃いに切り分けられたピザ。
どれほどの思いが込められているのだろう?


食材への感謝とともに、その職人の人生へ「心の底からごちそうさまでした」








すっかりくたびれた店の外観も、年期の入った内装も、
すべてはピザ一筋に生きた人生の賜物なんだろうな。


「病気療養」のために引退するという長谷川氏。
体を動かすのも大変そうに見えるけれど、厨房のオーブンを開ける時だけは、素早く動いていた。

体が自由に動かなくなっても、美味しいピザのために必要な最小限の動作が繰り返されている。
訓練を重ねたアスリート選手のようだった。







これほど年期の入ったピザを食べることは、「とうちゃん」の人生で最後かもしれないけれど。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事画像
舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店
採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜
秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭
加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜
生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山
隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS
同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事
 舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店 (2017-01-29 12:45)
 採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜 (2016-09-25 17:19)
 秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭 (2016-09-19 07:31)
 加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜 (2016-09-03 20:48)
 生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山 (2016-08-31 19:50)
 隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS (2016-08-14 06:30)

Posted by 「とうちゃん」 at 04:17│Comments(0)北海道のグルメ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ピザを作り続けて45年「最後の1枚」を食べてみる
    コメント(0)