さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › イベント! › 極上の甘味三昧 「はこだてスィーツコンテスト」

2012年09月26日

極上の甘味三昧 「はこだてスィーツコンテスト」


 「甘い物は別腹!」なんて偉そうなことを言って、本当にごめんなさい。
 人一倍、間食が多い「とうちゃん」は、甘い物が大好き・・・な、つもりでした。




 「はこだてスィーツコンテスト」の一般審査員として、コンテストに参加する機会に
恵まれた「とうちゃん」。
 道南の粋なスィーツを堪能してきました。

 今年度のエントリー作品は、洋菓子部門16品。
 残念ながら和菓子は、コンテストが行われず、試食のみ3品。


 全てを試食して、一番美味しいと思ったスィーツに投票する。
 「とうちゃん」のテーブルは、1名欠席したために、9人で3つのケーキを試食した。
 1人当たり、19品×1/3=6.33個を食べることになる。



 コンテストに出品させるほどのパテシエ自慢のケーキを6.33個
 家でケーキを食べるときって、もう一個!って食べたくなるじゃない。
 でも、数が足り無くって、食べることが出来ないんだよね。

 そして、その物足りなさこそが、ケーキに素晴らしい思い出を与えることになるんだってこと、37歳
で初めて知りました。
 
 作品の傾向として、野菜を素材に使用したスィーツが半数以上を占め、果物ベースは、函館産「恋苺」、
七飯町のリンゴ、スィーツの材料としては珍しい北斗市のプルーンの3品。


 野菜スィーツのベースは、大粒の大豆「たまふくら」、函館産のトウモロコシ、厚沢部産のメークィ
ン、人参と道南米「ふっくりんこ」、森町みよい農園のかぼちゃ、七飯町のトマトなどなど。
 道央の方では、野菜を利用したスィーツを良く見かけるけれど、道南では、あまり見かけない気がし
ていたので、この野菜スィーツの出品割合は、意外だった。

 野菜のスィーツは、今後のトレンドになるのかな。
 何となくヘルシーで低カロリーな気分にも浸れるしね。





 コンテストの結果として大賞を受賞したのは、「たまふくラム」函館風月堂 小川氏の作品。


 審査の方法は、審査員が100点×6人くらい?、一般審査員が1点×100人の合計得点により決定される。
 一般審査員は、購買意欲のある主婦層を中心に、普段からスィーツに関心がありそうな方々。
 審査員の方々は商工会議所の事務局長さんを始めとして、社会的地位のある年配の方が多かった。
 
 「とうちゃん」の個人的な好みは置いといて、大量の得点を有する審査員の年齢、性別、社会的地位
を考えると、ラムの香りが強い大人チックな「たまふくラム」の受賞は、理解ができる。

 試食をしている一般審査員の3〜40代女性たちと、ケーキの味について語ったけれど、このケーキにつ
いて話題には上らなかったんですよ。
 ラムの香りが強く、お酒を1滴も飲めない「かあちゃん」も「息子」も食べれなかったし。





 「とうちゃん」の近くに座った人たちと話している限り、ダントツで評判が良かったのが
「はこだて とうきびティラミス」函館昭和製菓 平沼さんの作品だ。

 「かあちゃん大賞」「息子大賞」を受賞した作品でもある。

 トウキビで作られた生地の食感と香り、マンデリンコーヒーのほろ苦い風味、爽やかな生クリームは、
「かあちゃん」と「息子」に大好評。 
 「息子」からは、おかわりのリクエストがあり、「とうちゃん」の試食分、ほとんど取られちゃった。
 隣の女性も、このティラミスに投票していた。





 「とうちゃん大賞」は、「jagaブラン(380円)」シュウェットカカオ 酒谷さんの作品。

 厚沢部町のメークィンを使用したケーキ。 
 一口食べた瞬間、ジャガイモの香りと味がするんだけど、ただのジャガイモじゃないの。
 ジャガイモのデンプンが、ミルキーで甘いクリームとちょうど良く絡んで、不思議な美味しさになっ
ているの。
 子供の頃、友達の誕生会で焼きたての「いももち」が美味しすぎて、今でも記憶に残るほど感動した
ことがあるけど、同じ類の感動を覚えた。
 乳脂肪とデンプン、糖分。
 栄養分が豊富で、本能が好みそうな食べ物だ。
 マッシュポテトと牛乳を合わせてコロッケは、とっても美味しかったし、相性が良いんだろう。



 以下「とうちゃん」三賞です。


 
 「飲み会の帰り、家族にお土産に言い訳で」賞
 「Romantic Rouge(ピンクパンナコッタといちごのソース添え)」
パティスリージョリクレール
 イチゴのソースをトッピングする楽しさもあり、家族受けが良い一品だ。
 フレッシュなイチゴの香りも良く、二日酔いでも食べることが出来そうなほど爽やかなスィーツ。





 「お呼ばれした知人宅のパーティに持って行きま」賞
 「セレーネ」シュウェットカカオ
 感謝の意味を込めて、見栄えも美しい一品をチョイスしてみました。
 値段も高めで、招かれる方も心おきなく、ごちそうを食べることが出来る。
 プルプルとした食感、カボチャの優しい甘みは、酒が入った宴会の締めにもなる感じ。






 「実家に帰省するならこれで」賞
 「函館蒸しカステラ 小倉山」 千秋庵総本家
 甘い物の基本は、ここにあるでしょ。
 年齢を重ねて、胃腸が弱くなってくると、脂肪分が多いクリームが辛くなることがありませんか?
 これをチョイスするのが、大人の配慮ってやつかな?
 

 要するに「とうちゃん」が言いたいのは、職人のプライドが込められた、美味しく綺麗なスィーツを
食べきれず残してしまい「ごめんなさい」って事と、上手に写真を撮影できずゴメンナサイってことだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(イベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(イベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:46│Comments(0)イベント!
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
極上の甘味三昧 「はこだてスィーツコンテスト」
    コメント(0)