さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 石狩市 あそビーチで巡り逢える 砂の妖怪 

2015年08月15日

石狩市 あそビーチで巡り逢える 砂の妖怪 



海を眺める「息子」が一言。
「海が、ぼくを迎えにくる。だから波から逃げるの」
3歳の「息子」が眺める景色と34歳の「とうちゃん」が見ている景色は違うのだろうか?
「息子」たまに呟くんだよね、詩的に不思議な言葉。

こんにちは「とうちゃん」です。
お盆真っ盛りの今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?
今回は、真夏の大人気スポット、石狩市の「あそビーチ」からお送りしています。






とは言っても、訪れたのは海開きの前。
30度を超える真夏日に、「夏を待ちきれなくて」って感じだね。

でもね、写真のとおり「夏をまちきなくて」は、「とうちゃん」たちだけではない。
寒い地域に住む人たちほど「夏」を大事に扱うよね。

ロシア人の夏に対する情熱といったら、それはもう凄かった。
気温が高い日は、全身に日光を浴びつつ、どこの川でも泳いでいたし・・・。




生まれて初めて砂に埋められる「息子」。
とっても気持ちが良いそうだ。

ゴミや漂流物も少なく、とても綺麗な砂浜だよ、このビーチは。
埋めている「とうちゃん」も気持ちが良いくらいだ。




【石狩観光協会Facebookから】

ここ石狩市の砂浜には、夏限定で現れるらしいよ。
サンドアートが!

雪像を見て、いつも思っていた、「壊すのもったいないなぁ」って。
砂の像って、雪よりももっと儚い気がする。

石狩浜の砂をテーマにしたこのイベントは、巨大砂像が砂浜に出現するほか、砂像コンテストも開催される。
誰でも気軽に砂像づくりが体験できたりもするので、機会があればチャレンジしてみては?



【番屋の湯HPより】

「あそビーチ」の帰りには、「番屋の湯」が大変オススメです。

ここのお湯は「化石海水」を利用している。
いいね、この素晴らしいネーミングセンス。

海底の砂や泥の間に閉じ込められた太古の海水をくみ上げてお風呂する贅沢が味わえる。
現代に蘇った、恵みのお湯だ。

入浴後、「息子」の尻のサラサラ感がバージョンアップ。
こんなスベスベのお尻を撫でていると、人生の幸せ感じるね。




海水浴も良いけれど。
「とうちゃん」的には、石狩灯台周辺の散策をオススメしたい。
こちらのエリアは北海道開拓よりも古い歴史が詰まっているので、時間と体力のある方は是非!


関連記事
【石狩川の「鮫の神様」と「鮭の豊漁祈願」】
【北海道最古の「石狩灯台」を訪問してみた】


※この記事は、2010年6月17日のリメイクです。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 07:41│Comments(0)北海道の遊び場
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
石狩市 あそビーチで巡り逢える 砂の妖怪 
    コメント(0)