さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館朝市「活イカ釣堀」に行ってみた

2011年07月23日

函館朝市「活イカ釣堀」に行ってみた



突然、心の中に住んでいる「とうちゃん」の神が囁く事がある



「活イカ食べとけよ」


ああぁ、そうだ!
函館に来てから朝イカ売りを探したけど見つからなかったし。
まだ「活イカ」食べていないや。


と、いうことで。







活イカを食べた事がある人は少なくないとは思う。

でも、ここまで楽しく、そして美味しく活イカを食べさせてくれるところは、
そう多くはないと思う「とうちゃん」です。


ここは函館市のメジャーな観光名所「函館朝市」の一角にある「駅二市場」








その中心にあるのが「活イカ釣り堀」


価格はその日によって変動するが、580円〜680円程度の価格設定は、
イカ処の函館市においても、破格の価格設定と言える。


  




これを「ヤギ」って言うのかな?これに引っ掛けてイカを釣り上げる。
記念写真を1枚撮った後は、間髪置かずにあっという間に「活イカ刺し」にしてくれる。
無事に「イカ」が釣れた満足感と興奮に浸る息子。






生きているイカは、キラキラその色を変化させながら、刺身になっていく。





生きている痕跡を残す「イカ刺し」
動くイカゲソを口に入れると、最後の抵抗なのか、食べられまいと吸盤が絡んでくる。
何とも不思議で残酷な食感だけど、これは病み付きになりそうだ。

特に「イカのゴロ」
コレこそ旨味の塊だ。余計な雑味が無く、口いっぱいにイカの命のエキスが広がる
まさに「神の領域」。


そんな素晴らしい1日だったけど、とても後悔する事が1つあった。
「イカのゴロ」を食べれない「かあちゃん」に、強引に勧めたところ、
病み付きになってしまい、「とうちゃん」の取り分が減ったことだ。


「とうちゃん」の神は、そこまでは教えてくれなかったしね。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:58│Comments(0)LOVE 函館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館朝市「活イカ釣堀」に行ってみた
    コメント(0)