さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › イベント! › 函館朝市「どんぶり横町」のイベントに参加してみた

2011年06月28日

函館朝市「どんぶり横町」のイベントに参加してみた

リニューアルオープン6周年記念祭に参加してきた。






正直な話をする。

観光地にある市場は、価格が高いという印象を持っている。
もちろん、この函館朝市に対しても、このようなイメージを持っていた。



ある意味において、この考えは正しい。
しかし、港町の旬の味を、短時間で効率よく見て感じて味わう事ができるという意味では、
決して高い値段ではないと思うし、朝市の中を探せば、地元の人にとってもお得な商品も少なからず販売されている。







「タラバカニとイクラのミニ丼(味噌汁付き) 500円」

ミニ丼と銘打っているけど、そんなにミニではない。
35歳の大人と、5歳の子どもが食べて、程よく間食できるサイズ。



「脇目もふらずに食べ続ける息子」  「食べてみたい丼グランプリ【蓮華丼】」


その他にも600円台で、旬の海産物を食べる事ができる。
以外に、この事を知らない地元の人も多いのではないかい?





今年の3月に、函館を訪れたときには、津波の被害により閉店している店も多かったけど、
すっかり復興ムードになっている。

この元気ハツラツな雰囲気で、なんとなく楽しさがこみ上げてくる。






「頑張れ東北!」という事で、この日のイベントでは「模擬釣り堀大会」やフリーマーケットが開催された。

この釣り体験。息子心に響くなにかがあるらしい。
景品はなんか関係ない。ただ東北の人々を思い、夢中でイベントに参加していく・・・



フリーマーケットでも同様だ。
最近興味を持ち始めたベイブレードを熱心に物色する・・・親の心も知らずにね。




今日思った事は「地元の人が参加しても面白いよ、ここ函館朝市は」だ。

どこの町でも地元の人って、観光地の市場を敬遠するじゃない。
でも、そこには以外に知らなかった地元が眠っているかもね。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(イベント!)の記事画像
森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験!
幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場
呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント 
ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館
身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開
笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet
同じカテゴリー(イベント!)の記事
 森と湖そして定山渓ダムに親しむ非日常体験! (2016-07-30 20:44)
 幸せの蹄鉄 カルチャーナイトin札幌競馬場 (2016-07-26 00:17)
 呆れるほどの晴天に描かれる軌跡 札幌航空ページェント  (2016-07-25 06:51)
 ドッキドキ!縄文式土器を焼いてみよう! 北海道博物館 (2016-07-03 19:45)
 身近に潜んでいる技術を感じつつ 寒地土木研究所一般公開 (2016-07-02 21:18)
 笑顔が溢れる SAPP‿RO Flower Carpet (2016-06-20 07:40)

Posted by 「とうちゃん」 at 07:18│Comments(3)イベント!
この記事へのコメント
どうもはじめまして!ツイッターフォローありがとうございます。
ボクは札幌ですが、函館はいつも行きたいなぁと思ってるんです。
しかし中々行けない・・・。
とうちゃんの記事見て、函館に行きたい気分を抑えています。
これからもアップ楽しみにしてます。
Posted by ニャン太 at 2011年06月28日 21:44
はじめまして
すてきなとうちゃんですね
息子さんの写真は七五三の時ですか
とってもかわいい。とうちゃん似ですか?

私も今、札幌在住です。
Posted by ナッツ at 2011年06月28日 23:38
>ニャン太さん
 はじめまして〜
 コメントありがとうです。
 私も、最近までは札幌でした。
 函館は、見所多いですよ〜。

>ナッツさん
 こんにちは〜
 七五三の写真、札幌の写真屋さんで、
 予約3ヶ月待ちで取ってもらった
 自慢の一品です?

 これからもよろしくです〜
Posted by とうちゃん at 2011年06月29日 03:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館朝市「どんぶり横町」のイベントに参加してみた
    コメント(3)