さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 「函館山」にロープウェイで登ってみた

2010年12月27日

「函館山」にロープウェイで登ってみた


「函館山」にロープウェイで登ってみた

北海道遺産の一つ「函館山」に行ってみた。

いきなりだけど函館山って13の山々の総称だって知っていました?
ブログ書くとき、初めて知ったこの事実。
意外なところに驚きがあった。

「函館山では1898年から要塞建設が始まり、1905年までに山全体に砲台や発電所、観測所などが建設された。
これにより山全体が軍事機密となり、地図から函館山が消え、測量、入山、写真撮影することなどが制限された。」
(ウィキペディア参照)



そんな歴史もなんのその。
観光地となった現代では、山頂まで大人1名1160円で快適に運んでくれる。

「函館山」にロープウェイで登ってみた




山頂から見下ろす函館市。

「函館山」にロープウェイで登ってみた

ここ函館山が陸繁島であることを確認できる。

日本の三大夜景の一つ「函館山の夜景」。
「函館山」にロープウェイで登ってみた
(別の日に見た夜景)

函館山の展望台には、この夜景を見下ろしつつのディナーを楽しめるレストランがある。
独身だったら要検討のシチュエーションだろう。



突然ですが、私「アンテナ」が好きです。
アンテナの形や大きさを見て、その用途、周波数などを考えるのが結構好きだ。

そして、どこの家にでも設置されているアンテナと言えばテレビ受信アンテナだろう。

そして局の送信アンテナは、地域で一番高い山に設置されることが多い。
札幌に住んでいる方の多くの家では、藻岩山にアンテナが向けられているのではないだろうか。

今回、見ることができなかったが、函館山(御殿山)に設置されているテレビ局の送信アンテナには、
テレビ局の周波数が違う青森県と混信しないように指向性のある作りとなっているそうだ。




翌日、五稜郭タワーから函館山を眺めてみた。

「函館山」にロープウェイで登ってみた

牛が寝そべるような外観から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれる函館山。
牛・・・かな?


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 10:56 │北海道の遊び場

削除
「函館山」にロープウェイで登ってみた