さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館競馬場に行ってみた

2011年05月30日

函館競馬場に行ってみた



イベントが開催中の、今年で115周年目を迎えるJRA最古の函館競馬場に行ってきた。



函館競馬場の原点は、1875年6月15日に函館招魂社(現在の函館護国神社)例大祭の際に行われた
祭典競馬がルーツであるとされ、現競馬場が設置される前は1883年より函館市海岸町に開設した
馬場で競馬を開催していた。
1896年に現在の函館市に移転して本格的な競馬場が 作られた。
1934年の函館大火での被災や、第二次大戦時には、施設が高射砲陣地に利用され
封鎖されるなど、混乱の時代を経て現在に至っている。
JRA開催場としては唯一スタンドから海を展望でき、
三冠馬であるナリタブライアンのデビューした地としても知られている。
2010年 - スタンド改築工事が竣工したばかりのフレッシュな競馬場。



(HP「競馬夢物語」及び「wikipedia」参考)



できたばかりのパドックでは、セグウェイ等の乗車会が行われていた。



いやーセグウェイって面白いね。欲しくなっちゃった。



本日はイベントの日。
移動足湯「うまの湯」、消防署によるコンサートや消防車の展示、ポニー体験乗馬。

などなど、子どもにうれしいイベントが盛りだくさん。







基本的にギャンブルには興味が無い我が家。
それでも、馬券を買ってみる。
すべてのデータを無視して、名前だけで勝ち馬を決める。
「フクラムサイフ」の単勝100円は、もちろん当たらない。







子供心をしっかり掴む、公園があった。
フワフワエッグに、大きな遊具は、ちょっとお兄ちゃん向け。




ここで遊んでいると、雲に彩色が浮かび上がった。
太陽を中心に、二重の大きな虹がかかっていた。
なんとも言えない神秘的な気分になったね。





あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 19:47 │LOVE 函館

削除
函館競馬場に行ってみた