さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 昼に輝くアンタレスと宇宙旅行と旭川市科学館

2011年11月26日

昼に輝くアンタレスと宇宙旅行と旭川市科学館

「アルタイル」は、夏の夜を飛翔する「わし座」のアルファ星。
全天で12番目に明るい恒星で、太陽系から16.7光年の位置に存在する。

別名を「牽牛星」「彦星」とも言い、夏を代表する星の一つ。
この「牽牛星」という名称は、 春秋戦国時代の『詩経』が初出とされているほど、歴史あるもの。


夏の夜、離れて暮らす妻(こと座のベガ)を思いつつ、悲しく瞬く「アルタイル」。
女性に夢中になって、仕事を忘れちゃうと身を滅ぼすという、昔の教訓だね。




そんな「アルタイル」を、冬の昼間に観測させてくれたのは、
旭川市科学館の4階にある天文台。





当たり前だけど忘れていたのは、
輝く太陽で目には映らない、確かに存在している星々の存在。









星にとっては短く、「とうちゃん」にとっては長い17年の歳月。
ようやく地球までたどり着いた「アンタレス」の光。


あれ?この光が瞬いたのは、地下鉄サリン事件が発生した頃だとすると・・・・
17年って、あっという間のような気がする。







人類の英知は、星空の旅を可能にした(嘘)
そんな夢のようなマシンがこれだ!






定員170席の広い空間に、リクライニングシート、回転するシート、ペアシートなどが用意され(本当)、
快適な星空の旅を約束してくれる。
マシンは、ドイツの「カールツァイス社」製で、(本当)
レーザーの最大出力38,000Mcd のハイパワーを誇り、(嘘)
巨大な隕石も一撃で粉々に砕いてしまう!(嘘)





「とうちゃん」に疑問が生じる。
「なぜ大人は、満天の星空を眺めていると、眠ってしまうの?」

星間旅行においては、これが正しい過ごし方である事は「藤子不二雄」先生の文献でも確認できるけど・・







思い思いに?星間旅行を満喫した「とうちゃん」一家。
上映後は、コックピット見学を行った。

親切なパイロットが「息子」に、宇宙船の操作方法や「流れ星の秘密」を教えてくれた。
この宇宙船は、星間旅行を行うのみならず、地球に落下する「流れ星」を
ボタン一つで制御できるらしい。






驚愕の事実に、感動を隠せない「息子」。
将来の夢は、宇宙船のパイロットになることらしい。
そして「とうちゃん」の夢は、息子が操縦する宇宙船に搭乗することだ!

親子で夢に向かって訓練中。




【月面歩行訓練を受講している「息子」】  【宇宙船の搭乗訓練を受講する「とうちゃん」】





【シャボン液をコーティングしている「息子」】 【船外活動のロボット操作を訓練中】




平日の昼間に訪れる科学館は、来館者が少なく快適に楽しむことができた。

来館者と職員の数を比べてみても、明らかに来館者の方が少ない。
まさに「とうちゃん」一家のプライベート科学館と言えてしまうほどだった。






にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 09:51│Comments(0)北海道の遊び場
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昼に輝くアンタレスと宇宙旅行と旭川市科学館
    コメント(0)