さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › キャンプ! › 熊石青少年旅行村でキャンプしてみた。

2011年08月07日

熊石青少年旅行村でキャンプしてみた。


浮かれた気分は青天井の「とうちゃん」です。




透きとおる海に育まれたアワビで有名な八雲町熊石。
そんなロケーションの「熊石青少年旅行村」で、初キャンプした。





キャンプ場の料金は、持ち込みテントで1棟800円
さらに入村料として、大人一人400円、小学生以上の子供が200円


キャンプサイトは、広々としていて、大きな立木も多く、暑い時期でも快適にキャンプができた。




トイレは1カ所しかなかった気がするけど、水洗で清潔だ。
水場は大きめなサイズが2カ所に設置されている。
蛇口も数が多く、照明もあるので非常に利用しやすいと言える。



荷物の搬入はリアカーで行うことになるが、駐車場からキャンプサイトへは、
下り坂になっているため、非常に体力を使う事になる。
特に、帰りは登り坂になるため、良い運動になるだろう。

サイトの広さの割には、駐車場は狭い
サイトは充分なスペースがあるのに、駐車場は満車だったし。
もしかしたら、どこかに第2駐車場があったのかな?





写真は、息子と仲間達が「オバケの家」と呼んでいたツリーハウス
三角のてっぺんにタッチするとオバケが出てくるらしい。
自分たちの口から出た言葉。
自ら恐怖を造り、それを心から信じる。
まさに子供は空想の世界の住人でもあるんだな。
中途半端に大人になった自分としては、イロイロな意味でうらやましくある。





キャンプ場のとなりにある「あわびの湯」は大人450円、子供200円とお手頃な値段で
営業時間も21時までと利用しやすい。
キャンプ場からは、大人なら徒歩10分くらい。
でも夜は、明かりが少なく、ちょっと怖いので車で通っちゃった。
湯船の数は多くはないけれど、この価格でシャンプー、ボディーソープを備えてくれているのは、大変ありがたい。
汗と煙でベトベトの体。
スッキリと落として着替える新しい服に着替える爽快感は、キャンプならでは。


キャンプ場内の遊具。
種類も多く、5歳の息子(甘えっ子)も充分楽しめるレベルだ。





ちゃぷちゃぷ公園は、キャンプ場内を流れる平田内川を利用した水の遊び場。
結構流れが速いので、要保護者だ。



流れる水が冷たいけど、なぜ子供は平気で遊べるんだろう?
公園の下流では川釣りを楽しむ事ができる。




尻が痛くなる50m級のローラー滑り台。



滑り台は、恐怖を感じるほどの高さから見下ろすキャンプ場はいい感じ。
大人にとって、なかなか恐ろしい遊具となっている。




食事は、近場の漁港で販売していた海産物を炭で焼いてみたり、炭焼き牛のカレーライスなどを食べた。



この時期の焼きトウモロコシは、我が家のキャンプには、欠かす事ができないメニュー。
黒く香ばしく焦がしたトウモロコシ。香ばしいのに、瑞々しく甘いトウモロコシは、
小細工がまったく必要ない北海道の恵みと言えよう。






キャンプ場の近くには、アワビの直売所があり、1個450円で販売している(らしい)。
たまの贅沢に、踊っているアワビを、丸ごと1個、かぶりついてみてはいかが?




コレだけの自然だ。
当然、昆虫採集も楽しめる。
特筆したいのは「蝉」。



どうやら、この日は蝉の集団羽化日?だったのか。
夜の散歩をしていると、もの凄い数の蝉が羽化し始めている。
ゆっくり殻を脱ぎ捨てていく蝉の幼虫たち・・・
こんなの36年生きているけど初めて見たね。
「とうちゃん」が29歳の時、うまれた蝉達が羽ばたこうとしている。

残念ながら羽化する場所を間違えた蝉、テントの中で羽化している。
テントを撤去したとき、数匹の蝉の幼虫が、空を待ちわびながら絶命していたし。
キレイに水辺にしか生きる事ができない「トカゲトンボ」も見つけた。



キャンプ場だけではない。
近場には、素晴らしく青く美しい海(鮎川海岸)がある。
青く透き通る海で、岩場に蠢く生き物達を狩りまくる。
あっと言う間に、バケツいっぱいの海の生き物をゲットできた!




値段もお手頃で、設備もキレイで、遊び場も充実している。
今までで一番良かったキャンプ場かもしれない。
また、来週にでも海水浴がてらキャンプに行こうかな。

「とうちゃん」も、息子も日焼けで真っ黒になった夏の一日でした。



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村




あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(キャンプ!)の記事画像
洞爺湖の湖畔の静けさと美しさ 財田オートキャンプ場
巨大なハニーローストリブで満腹! 北海道キャンピングフェア
「星に手のとどく丘キャンプ場」 星に手を伸ばしてみた
深い緑に囲まれたキャンプ場 「厚沢部町 レクの森」
快適な長期滞在型キャンプなら【熊石青少年旅行村】でしょ!
積丹町「野塚野営場」楽しいキャンプ場情報(体験談)
同じカテゴリー(キャンプ!)の記事
 洞爺湖の湖畔の静けさと美しさ 財田オートキャンプ場 (2016-08-11 12:37)
 巨大なハニーローストリブで満腹! 北海道キャンピングフェア (2016-05-22 07:23)
 「星に手のとどく丘キャンプ場」 星に手を伸ばしてみた (2015-08-02 17:06)
 深い緑に囲まれたキャンプ場 「厚沢部町 レクの森」 (2012-10-03 06:19)
 快適な長期滞在型キャンプなら【熊石青少年旅行村】でしょ! (2012-08-12 05:37)
 積丹町「野塚野営場」楽しいキャンプ場情報(体験談) (2012-08-02 06:10)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:15│Comments(0)キャンプ!
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
熊石青少年旅行村でキャンプしてみた。
    コメント(0)