さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 幌加内町「朱鞠内湖」に行ってみた

2010年07月28日

幌加内町「朱鞠内湖」に行ってみた



日本最大の面積を有する人造湖「朱鞠内湖」に行ってみた。
この朱鞠内湖では、。
夏は幻の巨大魚「イトウ」、サクラマスなどの大型淡水魚。
冬は氷上でのワカサギ釣りなどが楽しめる、釣り愛好家の憧れの湖である。

この時期は、蜂や虻、蚊が多いので虫除けスプレーは必須だ。


ここは日本で一番低い気温を観測した地で、
その記念モニュメントが建てられている。

そのような素晴らしい観光地である反面、悲しい歴史もある。




この写真は「旧光顕寺」、現在は「笹の墓標展示館」。
朱鞠内湖オートキャンプ場に向かう途中に看板があるところで右折すると良い。

資料館では、ダムの建設工事、すでに廃線となった線路「深名線」で
就業した人たちについての資料が展示されている。
熱く語りそうなので、ココでは詳細について記載しない。


これらの工事で殉職された人々の慰霊碑の写真。
となりに写っているのは展望台だが、この写真からも「慰霊碑」が、
どれほど大きいかわかると思う。
よほど、謝りたいことがあったのだろう。


たくさんの労働者によって完成した「雨竜第1ダム」
雰囲気がある写真になってしまった。

北海道の心霊スポットを検索すると、だいたい「朱鞠内湖」もヒットする。
しかしながら、その内容は
「キャンプすると、夜に誰かがテントをたたきに来る」
と言う曖昧なものだ。朱鞠内の歴史を調べてみると、誰が来ているのか、わかるかもしれない。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎 (2016-05-17 06:46)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
幌加内町「朱鞠内湖」に行ってみた
    コメント(0)