さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › その他 › 黄金色に輝くイチョウの果実と足の悪臭

2012年11月30日

黄金色に輝くイチョウの果実と足の悪臭




 酪酸(らくさん)
 脂肪酸の分解過程で合成され、バターやチーズに含まれている。
 皮脂にも含まれており、足の悪臭の原因にもなるらしい。
 
 哺乳類は、酪酸の臭いに非常に敏感に出来ている。
 極微量でも臭いを探知することができ、犬は 10 ppb、人は10 ppm まで嗅ぎ分けることができる。 





 そんな酪酸などの臭いが、イチョウの木から漂ってくる晩秋の函館。
 「息子」と一緒に銀杏拾いに勤しんでみた。
 
 写真で見ても分かるとおり、地面に落下している銀杏の量が半端ではなかった。
 銀杏を「拾う」と言うよりは「かき集める」?
 
 周辺に漂う異臭に顔を歪める「息子」。
 銀杏が食べ物であることが、信じられないようだ。

 



 イチョウの種子は、11月頃に熟成し、果肉から臭気を発する。
 揮発性が低いため、染み付くとなかなか臭いが取れないので、家の中に持ち込む時には注意が必要。

 種の果肉を除くと銀杏が現れ、殻を割って中の仁を食べることとなる。
 デンプンが豊富に含まれ、モチモチとした食感と独特の歯ごたえ、ほのかな苦みがある。
 仁は、熱すると半透明の鮮やかな緑色になり、水分を吸うと黄色っぽく不透明になる。

 店先に並ぶ銀杏は、保存等に便利な後者の黄色い銀杏が多いよね。





 日本全土で収穫されている銀杏、愛知県が生産量日本一。
 銀杏の収穫を目的とした大粒の実が出来るイチョウもある。
 是非、街路樹として植樹して欲しいと思うのは「とうちゃん」だけでは、ないはずだ。

 
 自分で調理するならば、香ばしく焼いた緑色の銀杏を食べたいところだ。

 「息子」と一緒に収穫した銀杏は、ゆっくりと果肉を除去中。
 あと半月もしたら、果肉もとれてラグビーボール状の銀杏が姿を見せてくれるだろう。
 その時は、香ばしくモチモチとした銀杏の仁を肴に、ぬる燗で一杯楽しみたい。
 
 人によっては、銀杏の食べ過ぎにより中毒を引き起こすこともあるので、食べ過ぎ要注意だ。
 茶碗蒸しに入っている1粒2粒をつまむ程度が、銀杏のちょうど良い食べ方かもね。
 

【参考 wikipedia】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(その他)の記事画像
帰ってきたぞ!北海道
揺らぐ「海月」 魅せられる「息子」
ブログを書き続けた日々を振り返って
カブトムシの幼虫を里子に出したいけど・・【函館市】
子宝に恵まれたカブトムシ夫婦の物語【函館市】
北海道のイベントと名所を巡る1年間を振り返って
同じカテゴリー(その他)の記事
 帰ってきたぞ!北海道 (2016-04-22 21:35)
 揺らぐ「海月」 魅せられる「息子」 (2013-08-05 23:24)
 ブログを書き続けた日々を振り返って (2012-12-29 05:26)
 誕生日は ラッキーピエロで盛大に! (2012-12-23 22:49)
 カブトムシの幼虫を里子に出したいけど・・【函館市】 (2012-10-21 09:16)
 子宝に恵まれたカブトムシ夫婦の物語【函館市】 (2012-09-13 05:51)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:53│Comments(0)その他
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
黄金色に輝くイチョウの果実と足の悪臭
    コメント(0)