さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 【銀のしずく 降る降るまわりに】を訪ねて旭川市 

2011年12月17日

【銀のしずく 降る降るまわりに】を訪ねて旭川市 





銀のしずく 降る降るまわりに。
金のしずく 降る降るまわりに。

「梟の神の自ら歌った謡 アイヌ神謡集より」



謡には、クリスマスっぽい雰囲気が漂っている気がする。
それとも、満月に照らされた雨の謡なのか。

言葉の意味や由来を知らなくても、このフレーズを知っている人は多いのではないだろうか。




小学生の頃「とうちゃん」は、何かの授業で耳にした記憶がある。
言葉の意味は理解していないけれど、言葉が持っている美しさのせいなのか。
今でも「とうちゃん」の心に刻み込まれている。


誰が、いつ、何処で、何をしているのだろう?

大人になった「とうちゃん」は、30年近い時を経て「アイヌ神謡集」を読んでみることにした。




・・・・・・
・・・・・・・・なるほど。

この謡は、梟(フクロウ)の神様が口ずさんでいた謡だった。
「銀や金の何かが降り注ぐ」という情景を表している言葉ではなかった。

梟(フクロウ)の神は、何を考えて謡を口ずさんでいたのだろう。
それともこのフレーズには、昔のアイヌの人々にとって、特別な意味が有る謡なのか。


謡の意味は分かったけど、謡を理解することはできなかったと思う。






「アイヌ神謡集」の著者 知里幸恵

彼女が「とうちゃん」の実家のご近所さんだったと知った事は、今日の収穫だろう。
19年という短い生涯で,偉大な足跡を残した知里幸恵。
重度の心臓病を患っていたが、病気をおして書き続けた「アイヌ神謡集」。
1922年(大正11年)9月18日に完成し、その日の夜、心臓発作のため死去。

命をかけて、アイヌ文化の素晴らしさを後世に繋げた業績は計り知れない。




そんな彼女が6才から19才までの約13年間を旭川で過ごした土地が、現在の北門中学校。




和人による惨い迫害を受け続けた歴史、差別を受ける土人居留地で、
素晴らしいアイヌのユーカラを美しい言霊を持つ日本語によって、
現代まで紡いだ業績に激しく感動した。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村




あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎 (2016-05-17 06:46)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
【銀のしずく 降る降るまわりに】を訪ねて旭川市 
    コメント(0)