さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 小樽観光に行ってみた

2010年07月26日

小樽観光に行ってみた

小樽市「潮まつり」のついでに、道道17号小樽港線小樽観光に行ってみた。
本当に素晴らしい町並みだ。
歴史と観光が、見事に融合している。


歴史ある石造りの建物に「北菓楼」「六花亭」などが出店され、


石造りの建物に軒を連ねて黄緑の鮮やかな「LeTAO」が見後に調和する。


照りつける日差しの中、道を歩いていると、こんな涼しい景色に出会えた。
もてなしとセンスの良さを感じる。


昆布専門店の看板は面白い内容だ。
「お父さん あずかります」・・・・??
昔は本当に、こんな看板が掲げられていたのかな?



もちろん小樽市の有名な観光のガラス。
手作りガラス作りの技術というのは、今も昔も変わらない。
場合によっては昔のほうが優れていることもあるらしい。

ガラス工芸体験は、時間も少ないせいか自分が関わることが出来ず、
自分で作った気にならないなぁ。コップ1つに2500円はちょっと高いし。


ランチは「北海道バイン」で頂いた。
一人約1000円程度。
この日は「カルボナーラ」を注文した。
多分、生まれて一番美味しかった「カルボナーラ」のような気がする。
クリーミーで、良いチーズの香りがたまらない。

また、売店では北海道ワインの試飲ができる・・・


「杉養蜂園」。本店は九州の熊本らしい。
はちみつを使用した商品が多数販売され、いろいろな商品の試飲、試食ができる。
試食した商品はどれも美味しく、
5倍に薄めて飲む「ゆず蜂蜜」と蜂蜜アイスクリームを購入。



小樽観光の代名詞でもある「小樽運河」
今まで「なぜ運河なのに、海に並行して設置されたんだろう?」と思っていた。
調べてみると、基本的に「掘った」のではなく、
海を埋めて倉庫が建設されている中島を作ったそうだ。

しかも、道道17号小樽港線は運河を埋立て作られた道路だ。

へぇぇぇ〜。

高い建物が無かった頃、北海道中の石炭が集まり、
手宮高架桟橋から搬出されていった。
それを扱う商人達が集まり、町が大きくなっていった。

これを知って運河を眺めるのは、とってもロマンティックだ。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:27│Comments(0)北海道の遊び場
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小樽観光に行ってみた
    コメント(0)