さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 二次会で訪れた「カリフォルニアベイビー」

2011年10月20日

二次会で訪れた「カリフォルニアベイビー」



一次会はコチラです「函館の古民家で味わう「スペイン料理」に感動!」


クラシカルな外観から醸し出される雰囲気は60年代西部アメリカ?
赤れんが倉庫群が並ぶ港沿いの道にある「カリフォルニアベイベー」




いい雰囲気だな〜。
これで霧に煙っていたら、もっと素敵だろうな。
霧に包まれた夜の函館港も探検しなくっちゃ!

ちなみに、映画「いつかギラギラする日」の撮影現場にもなったらしい。





郵便局として使われていた、この建物。

床や壁、天井に歴史を感じつつ。
これはアンティークと言ったら良いのかな?
アメリカンな古い冷蔵庫、空き瓶やポスター。

アメリカの西部って行った事が無いけれど、映画で見かけるアメリカのカフェの雰囲気に似ている気がする。

壊すのも、捨てるのも簡単だけど。
モノに込められている色んな思いや歴史。
古いけれど、大事にされて現代でも現役で活躍しているモノ見ると、嬉しくなる。


「このモノは、どんな時代を生きてきたんだろう」って。

だから「とうちゃん」は、函館の町が好きなのかもしれないな。





イタリアの白ワイン?を1本注文してみる。
なかなか・・・絵になる景色が出来上がった。
窓から眺める赤レンガ倉庫群も良い感じで、もったいない。





店オススメの「シーフードサラダ」と「ミックスナッツ」をツマミに、
誰もいなくなる閉店時間まで粘ってみた。

食べきれないナッツの量に、眠気と鼻血の気配を感じる午後11時の「とうちゃん」。




帰り道。

酔ったせいなのか。
「元町」が古い映画のように、キラキラと金色に輝いていた。

綺麗だったな〜。





ちなみに、コチラは昼の「カリフォルニアベイベー」です。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:05│Comments(2)LOVE 函館
この記事へのコメント
こんにちは。夜のカリベビ、しかも窓際ですね。景色も最高ですよね。
酔っ払って電車通りを歩くと妙に静かで、それがまた雰囲気があって良いんですよね。とくに霧が出てたりしたら、「夜霧よ今夜もありがとう」って感じでたまりません。湿度が高い日のほうが良いような…変ですかね!?(笑)
Posted by 達吉 at 2011年10月22日 16:17
夜の「カリベビ」←(函館人なりたての「とうちゃん」も使ってみました)、良かったです。

窓からの景色も良くって札幌の「お友達」にも好評でした。
そうですね。
今度は、霧に煙る「カリベビ」も良いですね!
Posted by とうちゃん at 2011年10月22日 22:35
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
二次会で訪れた「カリフォルニアベイビー」
    コメント(2)