さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道開拓に思いを馳せる › 瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」

2011年12月15日

瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」


瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」

炭山(やま)が残してくれたもの。



「全国有数の産炭地として栄えた町で・・・・」

北海道の空知地方では、しばしば耳にするフレーズ。



炭山が開坑して、こつ然と炭住が姿を現し町が出来る。
鉄道が敷かれ、瞬く間に人口が増加する。


町は炭山で働く人たちで賑わい、飲み屋では毎晩のように喧嘩の花が咲く。
長屋に住む人々は、家族以上に濃い付き合いを交わしていく。

炭鉱で働く人と家族のために、商店、郵便局、学校など次々と作られた。




瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」

炭山の男達に好んで食べられていたのが「モツ串」。
串に皮やキンカンなどの鳥のモツを刺し、シンプルに塩・コショウで味を付ける。
炭火焼きでジューシーに、そしてふっくらと焼き上げる。

美唄の居酒屋で、
「モツ20、とりあえずビール4杯!」

サラリと言ってみることが「とうちゃん」の夢の一つだけど、意外と実現しないんだな。




瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」


石炭から石油へ。

町並みが姿を消していく。
人々が炭山を去り、かつての賑わいは幻のよう。

栄小学校(現在 アルテピアッツァ美唄)が、幼稚園だけを残して閉校する。
最盛期には1250人いた子どもたちが、67人まで減少しての閉校だ。



瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」


確かに息づいている、炭山に残される人々の記憶とぬくもり。


言葉にしてみて、初めて気がつく事もある。
「とうちゃん」は、土地に残される「記憶とぬくもり」が大好きだ。





彫刻家・安田侃(かん)が創り続ける「アルテピアッツァ美唄」


緩やかな曲線と量感のある形に彫り貫かれた白い大理石。

可愛い若妻の肌のように滑らかで(←未確認)、
「息子の尻」のように瑞々しい(←確認済み)大理石の肌。



熱い真夏の昼下がり、思わず抱きついて涼みたくなる。



瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
【古い体育館と金色の時間】


瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
【見透かされている「とうちゃん」】



賑やかな時代を経た、木造校舎の色合いが優しすぎる。




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村

瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事画像
北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター
クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場
北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎
木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ
札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛
お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮
同じカテゴリー(北海道開拓に思いを馳せる)の記事
 北海道遺産「江別のれんが」を訪ねて セラミックアートセンター (2016-07-09 06:59)
 クラーク博士が残したもの 札幌農学校第2農場 (2016-05-31 21:06)
 北海道発展の礎 旧開拓使工業局庁舎 (2016-05-17 06:46)
 木造から赤レンガ 開拓使から北海道庁へ (2016-05-15 07:14)
 札幌の街を見守り続ける時計台 道民との相思相愛 (2016-05-14 06:14)
 お引越しのご挨拶 桜咲く北海道神宮 (2016-05-09 06:37)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
瑞々しい大理石と木造校舎「アルテピアッツァ美唄」
    コメント(0)