さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館新聞主催の花火大会に行ってみた

2011年07月19日

函館新聞主催の花火大会に行ってみた




夏を満喫していますか?

夏と言えば、花火大会。
いつもは学校の制服だけど、今日のあの娘は、どんな浴衣なんだろう?

・・・・なんて、ステキな思い出は持ち合わせていない、寂しい「とうちゃん」です。


そんなわけで、「函館港花火大会」に行ってきた。

たとえどんなに混雑していようと、体が震えるほどの花火の炸裂音を感じない事には、
夏を満喫できないと思うんですよ。


19時45分から打ち上げなので、18時30分に会場入り。





会場には、たくさんの出店が出店している。
そして、それ以上にたくさんの観客で賑わい、歩くのもままならないほどの混雑。





暗くなるにつれて、会場が人で埋まっていく。
今年は、幸いにも最前列の特等席を確保できた。

・・・この特等席、潮風に直接さらされるため、相当涼しい・・と言うか、かなり寒い
コレを知っている地元の人は、長袖のジャンバーを来て準備していたが、
「とうちゃん」は、暑かった昼と同じ涼しい半袖短パン。

油断しては楽しめないね、函館の夏は。



寒さに耐えつつ、待ちに待った打ち上げ花火が定刻に始まる。







さすがは「星空の映画館」だ。
職人が作り出す、普段は見る事の無い星空



・・・普段はガードが固い優等生なあの娘もね、どうなんだろう?
よくわかりませんが、花火を見て、そんな気持な「とうちゃん」です。



【函館港花火大会で学んだ事】

・防寒対策は、ちゃんとしとけ!
・会場以外での花火見学、FMラジオ持参で「80.7MHz(FMイルカ)」
・心の準備は怠るな!(仮)



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:05│Comments(0)LOVE 函館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館新聞主催の花火大会に行ってみた
    コメント(0)