さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道の遊び場 › 京極町の「ふきだし公園」に行ってみた

2010年10月21日

京極町の「ふきだし公園」に行ってみた



日本の100名山のひとつ「羊蹄山」の麓の町、京極町の「ふきだし公園」に行ってみた。


「北海道遺産」、環境省「名水百選」、国土交通省「手作り郷土賞」などの
タイトルを保有している観光地。

しかしながら、我が家作成の主要観光ラインから少し外れ気味で、なかなか立ち寄れていなかった町だ。
今回こそ「行こう!」と決意し、立ち寄った生まれて初めての京極町。

目的は、もちろん「名水」。


道の駅「名水の郷 京極」。
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた


名水ミネラルウォーター、名水コーヒー、名水カキ氷、
名水京極酒が販売されている。
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた京極町の「ふきだし公園」に行ってみた


駐車場側の大きな公園に、気もそぞろな我が子。
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた
「名水」の後には、必ず立ち寄ると約束して「ふきだし公園」へと向かった。



まぁ、ポリタンクやペットボトルを持っている人が多いね。
失敗した。自分も持ってくるんだった。
この水で、米を炊いたり、コーヒーを淹れてみたり。


道の駅の駐車場から、水がふきだしているところまでは、2通りの行き方があり、
どちらもマイナスイオンが溢れている気がする?

吊り橋ルートの途中には、大正5年の建てられ、神様の名を刻んだ苔むした石碑?と明治42年寄贈の手水鉢があった。
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた京極町の「ふきだし公園」に行ってみた

なぜ手水鉢の方が古いんだろう。
もしかして石碑以前に、何かがあったのかな?
それとも「湧き水」「この空間」、もしくは「羊蹄山」自体が信仰の対象になっていたのだろうか。
いずれも信仰の対象となっても全然不思議ではないほど、神々しさに溢れている。

自分としては、仏像や碑、絵画を拝むより、山や川のような自然を信仰の対象にする方が、人の心に馴染む気がする。


徒歩10分。「ふきだし公園」に到着した。
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた
紅葉している木々に目を奪われるが、その水面の美しさにも注目したい。
水が澄んでいる?それとも水は澄んでいるのかな。

京極町の「ふきだし公園」に行ってみた
ここは整備されて、この景色になったんだろうか。
それもと、この景観は自然に出来上がったのだろうか。



京極町の「ふきだし公園」に行ってみた京極町の「ふきだし公園」に行ってみた

本当に「ふきだし」ていた。
こんなに噴水みたく「ふきだし」ているとは、思いもよらなかった。
「ふきだす」水は、うごめく透明の生命体のようで、うれしくなるほどキラキラしている。
この日は、あいにくの曇り空。
もし今日が晴れていて、この「ふきだし」に陽の光が差し込んだら、どんな気持ちになるのかな。

この名水は、羊蹄山に降った雨や雪が地下に浸透し、約50年かけて湧き出す。
今日降った雨は50年後、湧き出てくると思うと感慨深いものがある。
死んでいると思うけどね。生きている自信ないけどね。


我が子は、この名水を飲んで「いつもの水と違って美味しい」と言ってのけた。
本当に分かって言っているのかなぁ・・・?

自分が飲んで思ったことは「つめいた」だ。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事画像
冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場
清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング! 
マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市
親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて
暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて
地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク
同じカテゴリー(北海道の遊び場)の記事
 冬の北海道を楽しむために ばんけいスキー場 (2017-01-28 23:53)
 清流日本一の尻別川で遊ぶ 人生初のラフティング!  (2016-09-24 04:53)
 マインクラフトの世界を垣間見る 吹きガラス体験 北広島市 (2016-09-04 08:54)
 親子の愛を感じたハイジ牧場 長沼町にて (2016-08-26 09:12)
 暑い真夏の1日を あそびーち石狩にて (2016-08-13 15:17)
 地球の活動を感じて 洞爺湖有珠山ジオパーク (2016-08-12 13:02)

Posted by 「とうちゃん」 at 05:59 │北海道の遊び場

削除
京極町の「ふきだし公園」に行ってみた