さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › 北海道のグルメ › 長沼町で「赤字丼」を食べてみた

2010年12月18日

長沼町で「赤字丼」を食べてみた

長沼町の「いわき」で「赤字丼」を食べてみた。



この店は、もともと仕出し屋さんなので「火曜、土曜、日曜」が定休日。
営業時間が「11:00〜15:00」。

地方からくる人には、なかなか行きにくい営業時間だ。




早速ですが「赤字丼」1200円!



これはデカイね。
長さがだいたい20㎝ほどのエビ天が5本。
つなぎ合わせると1m!?

コレって良いアイデアじゃない?
エビ天を衣でつなぎ合わせて、トグロを巻かせる「大蛇丼」

どう?

ちなみに「赤字丼」のエビ天と「エビ天丼」のエビ天は、長さが違う。
分解してみると、1本のエビ天を、さらに継ぎ足して長くしている。

「赤字丼」の名前に恥じないほどの長さは、ココから生まれてくるらしい。


ボサクサクしたエビ天は大きさに頼ること無く、とても美味しい・・のは2本目までかな?
はい。5本中2本で苦しくなるのも情けないです。



添えられているイカの塩辛と三升漬けもありがたい。


この塩辛、太くって食べごたえがある。
甘いタレの天丼を食べ進めるには、非常に重宝する。
ちなみに、塩辛はサービスで食べ放題?

塩辛と三升漬けに助けられながら4本までは食べれたけど、1本はお持ち帰り。
食べきれないときには、持ち帰り用のパックをいただけるのがありがたい。





「赤字丼」
偉そうなことを言っても、おにぎり2つが1食の相場の自分にとって多すぎです。
わかっていたけど・・・人生のネタとして挑戦してみた。



ちなみに、一緒に行った人たちは、このような料理を食べていた。


赤字丼以外にも、値段も手頃で、美味しくボリュームがあるものが多い。
長沼町の「いわき」はオススメです。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事画像
舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店
採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜
秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭
加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜
生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山
隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS
同じカテゴリー(北海道のグルメ)の記事
 舌で感じる大漁の海老 えびそば一幻本店 (2017-01-29 12:45)
 採れたての枝豆で作る 贅沢なずんだ餅! くるるの杜 (2016-09-25 17:19)
 秋の北海道 くるるの杜の大収穫祭 (2016-09-19 07:31)
 加工用トマトで作る 激ウマの手作りケチャップ体験 くるるの杜 (2016-09-03 20:48)
 生パスタが評判の店レヴァーロにて 札幌市円山 (2016-08-31 19:50)
 隣でとれた新鮮な野菜を美味しく 長沼町 CRESS (2016-08-14 06:30)

Posted by 「とうちゃん」 at 12:22│Comments(0)北海道のグルメ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
長沼町で「赤字丼」を食べてみた
    コメント(0)