さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 函館公園で水遊びをしてみた

2011年07月27日

函館公園で水遊びをしてみた

函館山の麓にあり、明治12年に開園した「函館公園」に行ってみた。






当時のイギリス領事ユースデンが「病人にも病院が必要なように健康な人にも休養する場所が必要
という呼びかけがあり、渡邊熊四郎は始めとする有力者達は、資金や樹木、土地、石材等を寄贈、
一般市民は労働力を提供して、文字通り「市民の手作り」による造築された「函館公園」。




【函館公園図 函館市中央図書館蔵】

北海道で最も古い公園の一つであり、北海道最古の博物館、観覧車、動物園が・・・などと、
明治初期の日本において、先進的な取り組みがなされてきた公園。

公園内の築山(明治山)を造成する際には、函館支庁の官吏をはじめ、各町内から競って奉仕活動に繰り出した。
はては各寺院も檀家の動員、消防組、芸娼妓までが参加したという。


【明治山から公園を望んでみた】


このように活発な住民参加によって造成されたことが函館公園の、
そして函館という町の特色でもあると思う。




函館公園内には、今でも残されているが、開拓使による博物場が設置され、当時の文化の先駆けとなる存在でもあった。








現在、公園内には小規模ながらも無料の「動物園」、ちょっとレトロな「遊園地」などの施設もあり、
昔と変わらず、市民の憩いの場となっている。







特筆したいのは、コチラの観覧車。
小規模であるが、現存する日本最古の観覧車といわれている。

全高 12m、直径10m、ゴンドラ1台あたりの乗車人数2人、ゴンドラ数8基
製造年は「1950年」、料金は250円。




「日本最古」という看板だけで、「とうちゃん」としては挑戦してみたくねるけどね。
息子がさぁ。ねぁ、大人一人で乗るのもねぇ。







そんな歴史に思いを馳せつつ、今日は「函館公園」で水遊びだ!







この日の気温は27℃で晴天。
絶好の水遊び日和だ。
着替えがなかった「とうちゃん」も、子供と一緒に上半身裸で水遊び・・・。







水遊びの後は、木漏れ日の中を散策してみる。
「石川啄木」の歌碑を初めてとして公園内には、いろいろな碑が設置されている。

「函館公園」が持つ歴史を感じつつ、函館の先人たちに敬意を払って、現代に遊んでみた。





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村



あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:07│Comments(0)LOVE 函館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
函館公園で水遊びをしてみた
    コメント(0)