さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 収穫体験だ!頭を垂れる黄金色の稲 【函館市】

2012年10月12日

収穫体験だ!頭を垂れる黄金色の稲 【函館市】




 函館市亀尾ふれあいの里にて、田植えを体験してから120日ほどの月日が流れた。
 青空が広がる良きこの日に、いよいよ収穫を体験することとなった。

 八十八と書いて「米」という漢字が出来上がる。
 由来は米が実るまでに八十八回も手をかけるからだそうだ。

 今日で3回目の作業となる「とうちゃん」、なぜだろう、後ろめたい気持ちを感じずにいられない。
 

 「息子」はもちろん、「とうちゃん」にとっても、初めての体験となる「稲の収穫」。
 もちろんコンバインなんて使わない。
 鎌で刈って、藁で縛って、天日に干していく。


【刈って】                  【束ねて】


【天日干し】


 30人以上参加しているイベントだけど、腰を曲げて行う作業って辛いね。




 「米」という漢字を、ちゃんと「八十八」と書くのは、大変な事だ。

 1時間30分頑張った「とうちゃん」は、太ももはパンパンで腰が痛いし、なにより腹減った~。
 


 

 【(3束×2)+藁=天日干場サイズ】

 1粒の種モミから330粒のお米が収穫できると仮定する。
 9株で2970粒となり、だいたい茶碗1杯分となる。


【一鍬サイズ(6株)】             【天日干しサイズ(36株)】


 素人が田植えしたため、一束の数にはバラツキがあるけね。
 天日干しサイズに整えるために36株くらいの稲を刈り取ったことになる。
 この稲の束で茶碗4杯分だ。
 働き者の「とうちゃん」一家は、25束くらい作成し、100杯分の米を収穫したことになる。 
 



 「コンバインが無い時代の農家の仕事が、こんなに辛い作業だったなんて!」

 ・・・ってことを「息子」に教えたかった。
 ・・・ってことを「とうちゃん」の体が理解してくれた。

 近いうちに、脱穀作業を経て、今年度の農業体験が終了する。
 
 次回予定されている「畑で食べるピカピカの新米」が、今から楽しみな「とうちゃん」でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:05│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
収穫体験だ!頭を垂れる黄金色の稲 【函館市】
    コメント(0)