さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


とことん遊ぶぞ 北海道! › LOVE 函館 › 頑張る学生! 「はこだて未来大学」学園祭

2012年10月11日

頑張る学生! 「はこだて未来大学」学園祭




 学園祭って、イイよねぇ~。
 なんとなく若返っちゃうよね~。
 学園祭は、文系よりも理系の方が気合いが入っている気がしませんか?
 道南の学園祭の中では、北海道教育大函館校の学園祭も良いけれど、やっぱり「はこだて未来大学」
の学園祭が一番好きかな?

 元気に学園祭を運営する、学生さんの充実した笑顔が眩しすぎて、人生をやり直したい気持ちに浸っ
てしまった「とうちゃん」がお送りします。




 【華道部の展示】




 生け花の心得は・・・まったく無い「とうちゃん」だけど、花が結構好きだったりする。
 展示されていた作品の透明感?素敵でした。

 こんな素敵に花を飾る事が出来たら良いなぁって、心から思う。
 生まれ変わったら、華道部に入部するのも選択肢の一つとして、心に刻み込んでおこう。
 



 【縁日】


 気軽に子供達が遊ぶことが出来きる。
 親子連れには、ありがたいスポット。
 子供の頃「からぬき」に夢中になっていた事ありますよね?
 上手に型が抜けると、おこずかいを貰える?ヤツです。
 昔の「かたぬき」って、スゴく壊れやすいイメージがあるけれど・・・最近のヤツは、簡単に抜ける
ようにできているんですかね。




 【テレビゲームコーナー】


 任天堂64、ゲームキューブ、Wiiにて「大乱闘スマッシュブラザーズ」を体験する。
 ゲームソフトやゲーム機の性能の進化が一目で分かって、なかなか興味深い。
 「息子」は単純にゲームを楽しんでいるけれど、その違いを楽しめるような大人に育って欲しいもの
だ。




 【砂絵体験】



 シール紙に描かれた模様を、巧みに切り取り、色の付いた砂を振りかけて砂絵を描いていく。
 子供向けのイベントにも関わらず、大人が参加して楽しいイベントだ。
 1人で参加していたら、時間を忘れて凝った砂絵を作成してしまうだろう。
 
 何気に「ブータン王国」の僧侶がつくる、砂曼荼羅を思い出してみる。
 僧侶達は、どんな気持ちで砂曼荼羅を描いているのだろう?




 【缶バッチ作成】


 イラストサークル?プレゼンの缶バッチ作成コーナー。
 対象が小学生以下なのが、非常に残念だ。
 「とうちゃん」は、ドラゴンクエストの「ロトの紋章」の缶バッチを作りたかった。
 作りたい情熱は、小学生なんかに負けないのに!
 缶バッチメーカーが欲しくなる・・・。




 【マジックショー】


 さらっと手品を披露できる人に、憧れます。
 お酒の入った席で、ちょっとした気さくな小ネタを披露する。
 きっと、気分がいいんだろうなぁ。 




 【研究成果展示】


 学生さん達の研究成果。
 筋肉に流れる電気信号をキャッチして増幅、雑音を除き、必要な電流のみ検知し義手を動かすシステ
ム。
 手作りした機械を、熱心に説明していた。
 回路図に書かれている説明書きも、結構分かりやすく面白かった。
 でも、熱心に説明するのは良いけれど、「息子」や「かあちゃん」にオペアンプだの増幅回路とか専
門用語をそのまま使用されても・・・難しいね。
 せっかくの一般開放、未来の大科学者として、誰でも分かるような説明を頑張って欲しい。




 【手作りプラネタリウム】



 天文部の学生達、自慢の力作。
 制作期間3週間で、前の晩は徹夜で完成させた自慢の作品とのこと。
 空調が無い、蒸し暑く暗い空間でみる星空。
 説明は、もちろん肉声。
 ドームに残される微かな隙間から漏れる光が、流れ星のようだった。 
 

 
 【風船コーナー】



 昨年も「息子」が大興奮したイベント。
 風船に注入されている気体が空気よりも軽いため、不思議な落下速度を魅せてくれる。
 このあたりの演出が「はこだて未来大学」の素晴らしいトコロだと思う。
 
 たまに「パンッ!!」という音もするけど、気にしない。
 窓から漏れる日差に風船が照らされて、魅せる景色になっている。
 
 

 
 【学生達の出店】


 面白かったのが「息吹」のポテト(150円)だ。
 追加料金10円でクジを引くことが出来き、名前が書かれている女子大生がフーフーって食べ
させてくれるらしい。
 「かあちゃん」や「息子」に、そんな姿見られたくない見栄っ張りの「とうちゃん」。
 ポテトを購入出来なかったことが、心残りで仕方がない





 麺以外は、すべて手作りを謳う「醤油ラーメン(300円)」。
 醪の香りが残る醤油スープ、タケノコを乳酸発酵させたメンマ、など手作りというのが素晴らしい。 
 メンマを作ることは、発酵好きの「とうちゃん」も考えてみなかった。
 でも、手作りにこだわるのなら、麺も作ってみれば良かったのに。
 

 

 学生達の料理を味わいながら。
 未来大学、教育大学のダンスサークルの学生達によるステージを楽しむ。


 学生生活の楽しみ方は、それぞれ違うけど。
 夢中になれる何かを見つける学生達は、とても幸せだと思う。




 学生時代の楽しみ方を、見いだしかけている「とうちゃん」。 
 来年あたり、もう一度だけ?大学生やってみたいものだ。


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 北海道情報へ
にほんブログ村
 


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事画像
正教会の伝道者 聖ニコライと足跡
日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると
高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係
まだまだ間に合う!松前町の桜まつり
碧血碑の微妙な立場と石川啄木について
水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花
同じカテゴリー(LOVE 函館)の記事
 正教会の伝道者 聖ニコライと足跡 (2015-06-14 15:39)
 日本に残される「イギリス領事館」を比べてみると (2014-07-19 22:50)
 高田屋嘉兵衛と箱館の深い関係 (2013-05-25 11:42)
 まだまだ間に合う!松前町の桜まつり (2013-05-13 22:19)
 碧血碑の微妙な立場と石川啄木について (2013-05-11 13:46)
 水鏡に映る 早朝の五稜郭の桜の花 (2013-05-10 22:18)

Posted by 「とうちゃん」 at 06:12│Comments(0)LOVE 函館
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
頑張る学生! 「はこだて未来大学」学園祭
    コメント(0)